2009年05月31日

真鶴〜東伊豆-3-

真鶴半島を出発し、いよいよ伊豆半島に突入。
熱海を通過し、海沿いの道を南下。
潮の香りを楽しみながら、バイクを走らせます。

伊東を過ぎ、しばらく進んだところにあるのが
汐吹公園です。
いつも、ダイビングの行き帰りに
この看板を見ていて、どんなところか
気になっていたので、今回初めて寄ってみました。
kazt-1izu 049-1.jpg

駐車場から海までの道は、下り坂で
ちゃんと、整備されています。
kazt-1izu 050-1.jpg

海まで出ると、目の前に手石島(潜れます)が。
kazt-1izu 051-1.jpg

遊歩道は、さらに続きます。
kazt-1izu 052-1.jpg

ここが、遊歩道の終点。
kazt-1izu 055-1.jpg

そもそも「何で汐吹なんだう?」と
辺りを、キョロキョロ見回すと
どうやら、この窪みが怪しそうです。
この日は、海が穏やかでしたが
もう少し、波が高いと、この窪みから
汐が吹き出すのではないか(Oつがい予想)と・・・
kazt-1izu 057-1.jpg

駐車場に戻り、出発の準備をしていると
上に行く階段を、発見。
こちらの道は、まだ、整備途中な感じです。
早速、登ってみましょう。
kazt-1izu 060-1.jpg

かなり高いところまで、来ることができました。
kazt-1izu 066-1.jpg

海側を見ると、眼下には手石島。
手石島の向こうには、いつもダイビングで渡っている
初島が、うっすらと見えています。
kazt-1izu 065-1.jpg

小さな看板が、出ているだけで
見落としてしまいそうですが
晴れた日、この近辺に行くことがあれば
是非、立ち寄ってみてください。
人も少なく、景色の綺麗な、いい公園です。
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 13:27| ☁| Comment(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

真鶴〜東伊豆-2-

貴船神社を出発し、やってきたのは
真鶴半島の、最先端。
駐車場にバイクを停め、遊歩道をてくてく歩きます。
kazt-1izu 028-1.jpg

海の見えるところまで、歩いていくと
かながわの景勝50選「三ツ石」が、見えてきました。
kazt-1izu 029-1.jpg

さらに、海岸まで降りる道を下っていくと
潮が引いていて、三ツ石まで繋がっているように見えます。
なんだか、歩いていけそうな感じ。
kazt-1izu 031-1.jpg

しかし降りてみると、上から見た景色とは、大違い。
海に阻まれ、とても三ツ石までは、進めません。
kazt-1izu 034-1.jpg

諦めて、再び階段を上り、遊歩道を歩いていると
幕末の、台場の遺跡を発見。
基礎しか残っていませんが、ここから
海上を、見張っていたのですね。
riet-1izu 029-1.jpg

さらに遊歩道を進み、先ほど降りた海岸の
岬の反対側にある、番場浦海岸にやってきました。
綺麗な海で、なんだか潜りたくなってしまいます。
シュノーケルでも、十分に楽しめそうです。
kazt-1izu 044-1.jpg

番場浦海岸にも、遊歩道を発見。
kazt-1izu 045-1.jpg

遊歩道を進んでいくと、ふたたび目の前に
三ツ石が現れました。
kazt-1izu 046-1.jpg

さすが、真鶴半島最大の観光スポット。
遊歩道を歩くと、必ず三ツ石の見える場所に
出るように、なっているようです。
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 22:22| ☁| Comment(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

真鶴〜東伊豆-1-

東伊豆へ、ツーリングに、行ってきました。
早朝、自宅を出発し、最初にバイクを停めたのは
西湘バイパス、国府津P.A。
kazt-1izu 002-1.jpg

伊豆、箱根方面にツーリングの時は
ここで、朝食を取ることが、多いのですが
この日は、天気も良かったので
P.A内は、バイクだらけでした。
当然ながら、売店も大賑わい。
早々に、朝食は断念しました。
riet-1izu 001-1.jpg

ここ、国府津P.Aは、海のまん前にあります。
柵も、海を意識して、ヨットの形です。
kazt-1izu 003-1.jpg

国府津P.Aを出発し、やってきたのは、真鶴半島。
ダイビングに行く時、いつも通過しているところです。
ゆっくりと、観光しにやって来たのは、今日が初めて。
半島の先端を目指して、走っていると
現れたのが、貴船神社。
古来真鶴の鎮守で、漁業や海上安全の守り神。
「ん?海上安全?!」
ダイバーなら、素通りするわけには、いきません。
kazt-1izu 005-1.jpg

お参りするには、この長い階段を
登らなければ、なりません。
(車で登れる、迂回路もあります)
まだ早朝なので、あたりはシンと静かで
鳥のさえずりだけが、響いています。
kazt-1izu 011-1.jpg

階段を上りきり、振り返ると
木々の間から、真鶴の町が見えます。
kazt-1izu 016-1.jpg

ここで、お賽銭を奮発して、お参り。
kazt-1izu 020-1.jpg

この貴船神社の創達は、平安時代
宇多天皇在位時の、寛平元年(889年)6月15日。
毎年7月27・28日に行われる、貴船神社の船祭りは
日本3大船祭りの1つ。
(他の2つは、宮城県塩釜神社と
 広島県厳島神社の、船祭りだそうです。)
昭和33年に、神奈川県無形文化財に指定。
昭和51年に、神奈川県民俗文化財に指定。
平成8年に、国の重要無形民俗文化財に指定。

船祭り、一度見に来てみようかな。
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 22:17| ☔| Comment(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

さつまあげ

皆様、こんにちは。
いつも、皆様からのご好意のおかげで
豊かな食生活を、享受させていただいている
Oつがいです。
そしてまた、頂戴してしまいました。
今回は、さつまあげ!
kazHachi4 031-1.jpg

普段Oつがいが、スーパーで購入するさつまあげとは
明らかに違う、高級品。
包丁を入れ、魚焼きグリルで軽く炙ったら
おろし生姜を、添えます。
もちろん、美味しくいただきました!!
タグ:さつまあげ
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 21:15| ☔| Comment(0) | 皆様からの、ご好意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

川崎大師

このところ、どうも運気の悪い(気がしていた)
Oつがい。
少し時間ができたので、運気をあげるために
川崎大師へ、行ってきました。
子供の頃は、よく初詣にきた、川崎大師ですが
ここ何年かは、近くまで来る事はあっても
お参りまでする事は、ありませんでした。
kazHachi4 021-1.jpg

境内に入ると、ちょうど花祭り週間の真っ最中!
お釈迦様は、お生まれになると、7歩進み
右手で天を、左手で地を指し
「天上天下唯我独尊」と、宣言したそうです。

花で飾られた、小さなお堂(花御堂)の中に
右手を上に、左手を下にした
小さなお釈迦様の像が、安置されています。
kazHachi4 016-1.jpg

参拝者は、お釈迦様に甘茶をかけてお祝いをします。
これは、お釈迦様が、お生まれになった時
龍が天から香水を降らせ、お釈迦様を洗い清めたという説に
基づいて、甘茶を香水に見立てているそう。
甘茶を、仏様に灌ぐ(注ぐ)事から
花祭りを、潅仏会とも、いうそうです。

もちろん、Oつがいも、小さなお釈迦様に
甘茶をかけて、お祝いをしてきました。
これで、運気UP間違いなし!
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 21:47| ☔| Comment(4) | 電車で行く旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

やきとり

昨日、一ノ蔵をいただいた
Oつまの、同僚さんから
今度は、やきとりをいただきました。
この同僚さんは、とても厳しいグルメで
気に入ったお店でしか、お買いものをしません。
その彼女が、大の贔屓にしている、やきとりです。

こちらは、軟骨と手羽先(塩)。
肉が、たっぷりついています。
kazHachi4 009-1.jpg

皮(たれ)。
Oつまは、鶏皮があまり得意ではないのですが
こちらの皮は、脂の臭みゼロで、美味。
上質の鶏肉を、きちんと下処理してあるのでしょう。
kazHachi4 010-1.jpg

そして、なぜかやきとりではないものが。
薄い衣をまとった、じゃがいもフライです。
外はカリッと、中はホクホク。
kazHachi4 011-1.jpg

やきとりは、もちろん美味しかったのですが
Oつがいは、じゃがいもフライが一番、気に入りました。
今日も、ご馳走様でした。
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 21:54| 🌁| Comment(8) | 皆様からの、ご好意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

一ノ蔵

八戸から、帰ってきたばかりのOつがいに
素敵な物が、届きました。
またしても、Oつまの会社の同僚さんからです。
いただいた理由は、Oつがいが、お酒好きだから。
ちょうど親戚に、お酒を贈る用事があったので
「ついでに」Oつがいにも、送ってくれたというのです。
なんて、いい方でしょう。
ちなみに、ご本人は、まったくお酒を飲まないので
お店の人に、選んでもらったそうです。
いただいたのは、こちら「特別純米酒 一ノ蔵」
kazHachi4 012-1.jpg

何と、青森のお酒です。
Oつがいが、ついこないだ八戸に行ったことを
知らないはずなのに。
本当に、ありがとうございます。
八戸で買ってきた、食材と一緒に
おいしく、頂戴いたします。
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 21:28| 🌁| Comment(2) | 皆様からの、ご好意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

八戸-5-

新八温泉から、再び八戸駅に、戻ってきました。
帰りの新幹線まで、まだ時間があるので
八戸駅前の飲食店街で、夕食を取ることに。
kazHachi3.29 233-1.jpg

何軒ものお店が並んでいるので、どこにしようか
ウロウロしていると、中から店員さんが出てきて
「入り口は、いくつもあるけど、中で繋がってるから
 どこから入っても、一緒だよ(笑)」と、言われ
目の前の、ごっちょ寿司から入店しました。
kazHachi3.29 238-1.jpg

まずは、生ビールで乾杯!
こちらは、お通し。
ホタルイカに、八戸の郷土料理、アカハタモチ。
アカハタモチは、海藻を蒸してつき
のり状なったものを、固めたものです。
新潟のエゴや、福岡のオキュウトに似ていますが
磯の香りが、もう少し強いです。
酢味噌をつけて、いただきます。
kazHachi3.29 242-1.jpg

カウンターに陣取った私たちは、板さんに
「地物を食べたいんです」と訴えながら
次々と、注文開始。
まずは青森県産、生ガキ。
身の大きさは、殻を開けてみないと
わからないそうで、今回は大当たりです。
kazHachi3.29 244-1.jpg

馬刺(青森県産)。見事なサシです。
kazHachi3.29 245-1.jpg

十和田牛、網焼ステーキ。
無名のブランドですが、非常に美味です。
kazHachi3.29 246-1.jpg

新鮮な、アジみそたたき。
kazHachi3.29 247-1.jpg

Wご主人は、「青森といえば、イカ」の
イメージがあるそうで、イカの握りに、ご満悦。
kazHachi3.29 248-1.jpg

〆サバ刺。これまた、脂が乗って最高。
kazHachi3.29 250-1.jpg

ばくらい(ほやと、このわたの塩辛)。
左党には、たまりません。
「美味しい、美味しい」と、連呼していたら
板さん
「ユートリーに、売ってますよ(笑)」
kazHachi3.29 249-1.jpg

新幹線の時間が、近づいてきたので
会計を済ませ、ごっちょ寿司を出ると
まずは、ユートリーに、まっしぐら。
閉店準備をしている、店員さんを横目に
急いで、ばくらいを購入。
「このわた入りの方が、ずっと美味しいんですよ。
 気をつけて、買ってくださいね」と
親切に教えてくれた板さん、ありがとうございました。
kazHachi3.29 252-1.jpg

そして、いよいよ駅構内へ。
新幹線ホームから、在来線のホームを見ると
特急つがる(青森行き)が、停車中。
在来線は、旅情を誘いますね。
kazHachi3.29 253-1.jpg

Oつがい達の乗る、東北新幹線はやてが、入線してきました。
kazHachi3.29 254-1.jpg

もちろん、東京行き。
kazHachi3.29 255-1.jpg

車内では、改めてビールで、乾杯!
おつまみは、Oつがいが、東北新幹線に乗ると
必ず購入してしまう、酔明ほや。
これ、本当に美味しいんです。
ちなみに写真は、ジャンボサイズ。
この中に、通常サイズの箱が、4つ入っています。
kazHachi3.29 268-1.jpg

気がつけば4人とも、夢の中。
目が覚めたのは、ちょうど東京駅に到着する頃。
お疲れ様でした。
Wご夫妻、また一緒に、どこかにいきましょうね。
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 22:41| ☀| Comment(0) | 電車で行く旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

八戸-4-

八食センターで、たっぷり買い物を楽しんだ後
100円バスに乗り、いったん八戸駅に戻りました。
コインロッカーに、戦利品を入れてから
駅のすぐ隣にある、ユートリープラザに
入ってみました。
kazHachi3.29 208-1.jpg

中に入って、ビックリ!
目の前に現れたのは、巨大な八戸三社大祭の山車。
実物は、写真の3倍以上の高さがあります。
テーマは、天長地久七福神(てんちょうちきゅうしちふくじん)
登って、写真を撮れる造りになっていたので
早速みんなで、記念撮影。
写真に写っている、小さな女の子は
Wご夫妻とも、Oつがいとも、関係がありません。
山車が、どのくらい大きいかの、参考にしてください。
実際の三社大祭は、さぞかし壮大なお祭りでしょうね。
kazHachi3.29 207-1.jpg

ユートリープラザを出て、目の前にある
農産物展示場にも、寄ってみました。
kazHachi3.29 218-1.jpg

青森といえば、リンゴ。
という訳で、購入。
なんて単純な、Oつがい(笑)
kazHachi3.29 222-1.jpg

次に、駅の中にある観光センターに、入ってみると
先ほど見た山車の、縮小版がありました。
kazHachi3.29 223-1.jpg

裏から見ると、こんな感じです。
とても華やかですね。
kazHachi3.29 226-1.jpg

この観光センターで、近くに観光スポットがないか
尋ねてみたのですが、もう夕方近くだったので
どこも難しいだろう、ということで、諦めて
近くにある、八戸ゆーゆらんど「新八温泉」に行き
買い物の疲れを、癒すことにしました。
kazHachi3.29 228-1.jpg

温泉の中に、カメラを持ちこむのはマズいので
さすがに、写真はありませんが
露天風呂の温度が、妙に低いのを除けば
広くて気持ちのいい、温泉です。
特にこの日は施設内で、地元のアイドル
「ブラジル兄弟」のステージがあったので
温泉内も、宴会場も、地元のお年寄りで、超満員でした!
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 22:51| ☔| Comment(0) | 電車で行く旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

八戸-3-

せんべい汁を味わった後は、いよいよお買い物タイム。
先に、センター内を偵察してあるので
目をつけておいた、お店に行って
買いまくるのみ!

ビールのおつまみにぴったりの、せんべいのみみ。
南部せんべいの、端っこを集めてあります。
kazHachi3.29 074-1.jpg

せんべい汁用の、おつゆせんべい。
お菓子の南部せんべいとは別に、ちゃんとあるのです。
kazHachi3.29 076-1.jpg

試食させてもらったら、とても美味しかったので
買うことにした、あんこうともあえ。
お酒がすすみそう。
kazHachi3.29 113-1.jpg

昨年に引き続き購入した、まとう鯛の玉子。
独特のコクがあって、美味しいのです。
kazHachi3.29 114-1.jpg

O夫の大好物、ワカメの茎。
kazHachi3.29 134-1.jpg

せんべい汁と並ぶ、郷土料理の、いちご煮。
缶詰もありますが、レトルトパックが軽くて便利。
kazHachi3.29 165-1.jpg

青森では、とても有名な
コムラのなんばんみそ。
甘口もありますが、Oつがいは当然、辛口を選択。
kazHachi3.29 166-1.jpg

お酒コーナー。
せっかくなので、八戸の蔵で造られたお酒を、購入。
去年とは違う、銘柄にしなくては。
kazHachi3.29 177-1.jpg

ここで、ちょっと一休み。
Wご夫妻を誘い、去年ためして美味しかった
津軽りんごソフトを、今年は4人で堪能。
ジェラートのような舌触りと、甘酸っぱいリンゴの
豊かな風味。
やっぱり、美味しい。
kazHachi3.29 181-1.jpg

休憩後、買い物を再開!
買う予定では、なかったのですが
ハタハタ大好きの、Oつがい
我慢できずに、購入。
kazHachi3.29 184-1.jpg

こちらも、去年購入した、自家製の塩辛。
とにかく、イカの身が大きいんです。
kazHachi3.29 186-1.jpg

Oつまの、会社の同僚(八戸出身)が、美味しいと
教えてくれた、地元産の甘塩うに。
輸入物のうにと間違えないように、気をつけて
買いました。
kazHachi3.29 189-1.jpg

去年の経験をふまえ、今年は、キャスターバックと
保冷袋を、持ってきたのですが
やはり、役にたちました(笑)
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 20:40| ☁| Comment(6) | 電車で行く旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

八戸-2-

八戸駅で、バスに乗り遅れた
Wご夫妻と、Oつがい。
次のバスが来るのは、約20分後です。
日帰り弾丸ツアーの身に、20分は長すぎる。
そこで、駅からは、タクシーで
八食センターへ、行くことにしました。
kazHachi3.29 066-1.jpg

Wご夫妻が初めてなこともあり、まずは
八食センター内を、ひと回り。
すると、美味しそうなものが、並んでいたせいか
Wご主人が、空腹を訴え始めました。
そこで急遽、センター内の食堂で、昼食です。
kazHachi3.29 148-1.jpg

注文したのは、八戸名物、せんべい汁
(馬肉入り味噌仕立て)のセット。
kazHachi3.29 156-1.jpg

小さな丼は、好みの具を選べます。
こちらは、Oつがいが選んだ、イクラ丼。
kazHachi3.29 155-1.jpg

南部せんべいは、脇に添えられています。
何も入っていない、素のせんべいです。
kazHachi3.29 157-1.jpg

程よく、鍋に火が通ってきました。
具は馬肉のほかに、キャベツ、にんじん、ごぼう
きのこ、ねぎ、豆腐、しらたき、お麩。
kazHachi3.29 158-1.jpg

頃合を見計らい、せんべいを、割り入れます。
kazHachi3.29 160-1.jpg

これは青森名物、なんばんみそ。
ピリッと辛い、薬味です。
kazHachi3.29 161-1.jpg

せんべいが、おつゆを吸って、ふんわりしてきたら
なんばんみそを付けて、いただきまーす!
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 22:25| ☀| Comment(2) | 電車で行く旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

八戸-1-

昨年行った、八戸日帰り弾丸ツアーに
今年も、行っちゃいました。
今年は、仲良しのWご夫妻も、一緒です。
残念なのは、昨年は1万円ぽっきりだったのが
今年は1万5千円に、値上げされていたこと。
一気に5千円は、上げすぎ!!
もう、来年は行けないかも(泣)

待ち合わせは、東京駅の新幹線ホーム。
kazHachi3.29 004-1.jpg

「はやて」が、入線してきました。
kazHachi3.29 015-1.jpg

車内に入り、席に着くと
あっという間に、東京駅を出発。
出発と同時に、Oつがいは
ホームで買った駅弁を開き、朝食タイムです。
Oつまは、たけのこおこわ弁当。
kazHachi3.29 023-1.jpg

中は、こんな感じ。上品なお味でした。
kazHachi3.29 027-1.jpg

O夫は、とりめし弁当。
kazHachi3.29 024-1.jpg

柔らかい肉で、美味しかったです。
どうでもいいことですが、脇にはもちろん
ビールがありました(笑)
kazHachi3.29 026-1.jpg

「はやて」は、仙台
kazHachi3.29 032-1.jpg

盛岡と停車。
kazHachi3.29 037-1.jpg

お昼少し前に、八戸に到着しました。
kazHachi3.29 044-1.jpg

八戸駅の、コンコースでは
朝市の、真っ最中。
kazHachi3.29 048-1.jpg

気になる店を発見。
Oつまの大好物、蜂蜜です。
kazHachi3.29 051-1.jpg

種類がいっぱいあって、迷ってしまいましたが
親切なおじさんに、味見をさせてもらった結果
定番のアカシアと、珍しいリンゴの蜂蜜を
買いました。

しかし、ちょっとのんびりしすぎました。
気づけば、駅から目的地である八食センター往きの
100円バス(ツアー客はタダ)が、出発してしまいました。
駅前に、ポツンと取り残された4人。
さあ、どうしよう。
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 21:46| ☔| Comment(0) | 電車で行く旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

島ぶたにんにく肉みそ

美味しそうな物を、いただいてしまいました。
Oつまの、会社の同僚の方が、取り寄せた
「島ぶたにんにく肉みそ」です。
テレビで紹介されていたらしく、メーカーに
即、電話して手に入れたとのこと。
沖縄料理好きな、Oつがいに
わざわざ、分けてくださいました。
kaz3.24 002-1.jpg

もう1種、「黒糖肉みそ」もあるそうで、辛党の?
Oつがいには、こちらだろうと、選んでくれました。
頂いてみると・・・豚肉の繊維や、旨みたっぷり。
にんにくと味噌の風味も豊かで、脂臭さは皆無です。
ご飯が、面白いようにすすんで
ちょっと危険なくらいの、超・美味でした(笑)

いつも本当に、ありがとうございます!
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 22:01| 🌁| Comment(4) | 皆様からの、ご好意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

伊豆海洋公園3/15-3-

ダイビングの後は、ちょっと遅めの昼食。
場所は、伊豆高原駅の前(駅ビル?)にある
海鮮料理の、お店です。
kaz-IOP3.15 121-1.jpg

Oつがいが注文したのは、金目鯛煮付重。
以前、ダイバー仲間のI.Sさんが
これを食べて、あまりの美味しさに
泣きながら、Oつまにメールをしてきて以来
ずっと、食べたいと思っていました。
お店のご主人も、イチオシの一品。
いつもは、蓋をして出すそうですが
この日は、入荷したキンメが大きすぎて
蓋が、できなかったとのこと。
素敵です!
kaz-IOP3.15 114-1.jpg

金目鯛は、いったん蒸して、脂を適度に落とした後
秘伝のタレで、じっくり煮てあるそうです。
ふんわり柔らかい金目鯛の、身の美味しさに加えて
タレがまた、絶妙の味わいです。
ご飯が、いやでも進みますので、このお重は
是非、ご飯大盛りで注文することを、お勧めします。
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 19:52| ☔| Comment(8) | 東伊豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

伊豆海洋公園3/15-2-

伊豆海洋公園は、以前
「EN/EXがねぇ〜」と、よく言われていたものです。
しかし現在は、だいぶ整備されました。
こちらが、エントリー口。
足元が、コンクリートで、固められています。
kaz-IOP3.15 058-1.jpg

こちらが、隣に新しくできた、EX口。
以前は、手前にあるゴロタが
そのまま海の中まで、続いていた上
EN/EX口が、現在のように分かれておらず
今のエントリー口の、1本しかありませんでした。
昔を知っていれば、今は楽チンです。
kaz-IOP3.15 058-1-1.jpg

ただ、ご覧のようにEN/EX口が、直接外海に
面していて、海がちょっと荒れると、波が
真正面から入ってくるので、注意が必要です。
         
       
      続きを読む
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 17:28| ☁| Comment(14) | 東伊豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

伊豆海洋公園3/15-1-

3月15日は、伊豆海洋公園で
潜ってきました。
ここ、伊豆海洋公園(IZU OCEANIC PARK)は
ダイバーには、I.O.P.と呼ばれ
東伊豆での、ダイビングのメッカとして、知られています。

1本目は、定番の1の根の周りをまわるコース。
エントリーすると、いきなりコブダイが、現れました。
けっこうな大きさです。
rie-IOP3.15 009-1.jpg

ビヨーンと、背筋を伸ばした、アオウミウシ。
kaz-IOP3.15 014-1.jpg

オルトマンワラエビも、いました。
rie-IOP3.15 019-1.jpg

こちらは、ニホンアワサンゴ。
ポリプの先端が、花びらのように見えて
きれいです。
rie-IOP3.15 034-1.jpg

おそらく、ベッコウタマガイの一種。
似たようなのが、何種類かいて、同定は難しいです。
こう見えても、立派な貝の仲間です。
kaz-IOP3.15 043-1.jpg

オニカサゴ。
名前ほど、怖い顔では、ないですね。
ただし、背鰭などに、毒を持っています。
岩陰にじっと潜んでいて、近くに来たエサを
この大きな口で、パクッと一飲みします。
rie-IOP3.15 042-1.jpg

岩の窪みに隠れていた、マツカサウオ。
パイナップルフィッシュとも、呼ばれています。
まだ子供です。
鰓の部分に、発光体を持っています。
rie-IOP3.15 045-1.jpg

海は、若干荒れ気味でしたが
やっぱり、海洋公園は、面白いですね!
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 10:39| ☔| Comment(10) | 東伊豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

猪苗代〜いわき3/1-3-

いわき・ら・ら・ミュウを出発した、一行は
常磐道を南下して、守谷SAで、休憩。
kaz-ski2.28 498-1.jpg

SA内の売店で、まず見つけたのが
あんこう釜めし。
いつもなら、即購入というところですが
この日は、我慢です。
kaz-ski2.28 511^1.jpg

SAの建物の外れで、開かれていたのが
守谷SAやさい村。
kaz-ski2.28 516-1.jpg

中に入ってみると、新鮮な野菜が、どっさり。
kaz-ski2.28 519-1.jpg

購入したいものばかりですが、ここはよく吟味しなければ。
kaz-ski2.28 521-1.jpg

Oつがいの大好物、キノコ類もあります。
購入したいのですが・・・う〜ん。
すでに、いわきでいろいろ買い込んでいるし。
kaz-ski2.28 525-1.jpg

結局、このほうれん草と、長ネギ、白菜を
購入しました。
どれも新鮮な上に、とてもお買い得でした。
kaz-ski2.28 518-1.jpg

守谷SAを出発し、更に常磐道を南下。
ついに、首都高エリアに入りました。
この日の首都高は、珍しくガラガラ。
rie-ski2.28 123-1.jpg

あっという間でしたが、とても楽しい2日間でした。
次は、Wご夫妻とどこへ行く事になるのか?
乞うご期待!
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 21:22| ☔| Comment(2) | 車で行く旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。