2010年05月31日

伊豆海洋公園4/4-3-

ダイビングの後は、お楽しみの食事タイム!
伊豆高原にある、お気に入りのお店で、遅めの昼食です。
kazIOP-Aprl 116-1.jpg

店内に入ると、前回来た時はなかった、張り紙を発見。
「ノンアルコールビールあります」
これ、もっと色んなところに、置いて欲しい。
ちなみに右側は、Oつま用の生中です(笑)
kazIOP-Aprl 109-1.jpg

そして、これがお目当ての金目鯛煮付重(大盛り)
kazIOP-Aprl 110-1.jpg

見てください、この厚み。
このタレが、絶品なんです。
kazIOP-Aprl 112-1.jpg

このお店、他の料理も美味しいんですが
ついつい、この金目を、頼んじゃうんですよね〜。
機会があったら、皆さんも、お試しください。
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 22:10| 🌁| Comment(2) | 東伊豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

伊豆海洋公園4/4-2-

2本目は、1の根周辺を
じっくりと、潜りました。
最初に見つけたのは、ちいさなヒロウミウシ。
大きさは、1cm程。
kazIOP-Aprl 044-1.jpg

シマキッカイソギンチャクの中を覗くと、アカホシカクレエビが。
大きくて強気な個体で、カメラを近づけても動じず
逆に、威嚇してきました。
kazIOP-Aprl 065-1.jpg

オルトマンワラエビ。
脚を、よく見てください。
1脚だけ、クルンと、曲がってしまっています。
どうしたのでしょうか?
rieIOP-Aprl 072-1.jpg

Oつまの大好きな、ヤマドリ。
とぼけた表情から、ごはんを食べるしぐさまで
とにかく、カワイイのです。
青い斑紋が、とても綺麗。
rieIOP-Aprl 051-1.jpg

1の根を越えて、クエ穴まで、行ってみました。
いたりいなかったりするクエですが、この日は
ちゃんと、いてくれました。
大きすぎて、全身が写りきりません。
rieIOP-Aprl 083-1.jpg

帰り道、悠々と、目の前を泳ぎ去る、アオブダイ(♀)
とてもきれいな体色をしています。
rieIOP-Aprl 088-1.jpg

ダイバーを見て、慌てて逃げ去る、コブダイ(♂)
佐渡だったら、近寄らせてくれるのになぁ。
kazIOP-Aprl 096-1.jpg

トウシマコケギンポの、巣穴の上を通過する、シロウミウシ。
お互い、ビックリしています。
kazIOP-Aprl 102-1.jpg

こうして、2ダイブ終了。
やっぱり、海洋公園は、面白い!
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 16:29| 🌁| Comment(0) | 東伊豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

伊豆海洋公園4/4-1-

約7ヶ月ぶりに、伊豆海洋公園で
潜ってきました。
今回は、いつもより、ちょっと遠出をして
4番と呼ばれるエリアまで、遠征。
しばらく、浅場を水平移動しながら
4番まで泳ぎ、到着と同時に、一気に深場へ。

「珍しいハナダイでも、いないかな?」と
魚の群れを、のぞいてみますが
いるのは、サクラダイばかり。
砂地にいたのは、ヒラタエイです。
わざわざ4番まで来て、会えたのが
ヒラタエイとは、寂しい限りですが
自然が相手なので、仕方なし。
kazIOP-Aprl 007-1.jpg

この日の4番は、これといった珍しい生物は見つからず
諦めて、1の根上部へ移動。
ここでは、何故か、やたらと
ムカデミノウミウシを、見かけました。
kazIOP-Aprl 017-1.jpg

目の前を、シラコダイが、フラフラ泳いでいきます。
rieIOP-Aprl 010-1.jpg

エキジット間際、浅場で転石を1つ1つのぞいていたら
ゴイシガニを、発見。
親指の爪ほどの、大きさです。
必死に、砂の中へ隠れようとしますが
あいにく下が岩場で、困り果てた様子が、可愛かったです。
rieIOP-Aprl 037-1.jpg

この日は遠征せずに、ずっと浅場で遊んだほうが
充実した、ダイビングだったようです(笑)
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 22:13| ☔| Comment(2) | 東伊豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

巻き寿司

Oつまが、料理上手の、同僚さんより
巻き寿司を、いただいてきました。
具の「はみ出し感」が、いかにも手作り。
端っこが、一番のごちそうです。
kazetc-Mar5 002-1.jpg

昆布王国、富山出身だけあって、とろろ昆布を
海苔のように使うのも、特長のひとつ。
以前も、同じものをいただいたんですが
この同僚さんのお寿司、本当に美味しいんです。
いつも、ありがとうございます。
タグ:巻き寿司
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 22:24| ☔| Comment(0) | 皆様からの、ご好意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

一力

楽しいダイビングと、食事を終えて
初島港から、フェリーで熱海へ戻ると
N水さんを車に乗せ、大急ぎで、地元に戻ってきた
Oつがい。
なぜかというと、O夫が、一刻も早く乾杯したいからです(笑)
会場は、地元にある、いつもの居酒屋。
kazHatu-Mar 113-1.jpg
続きを読む
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 22:27| ☔| Comment(6) | ぶらり、近隣グルメレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

初島3/28-3-

さて、昨日の記事の続きになりますが
なぜ今回、普通種をがっつり撮影・堪能する
ダイビングだったかと言うと、この日、ここ初島では
水中ビンゴ大会が、開催されていたのです。

ルールは、いたって簡単。
マスに、魚の名前が書かれた、スレートが用意してあり
海中で、その魚を見つけたら、デジカメで撮影。
ダイビング後、初島ダイビングセンターのスタッフが
マスに書かれている魚と、デジカメの写真を照合して
列が揃えば、ビンゴ!と、なります。
そして、ビンゴの列の数だけ、福引器を回す権利が
得られます。
kazHatu-Mar 088-1.jpg

われらS.Jちゃんグループは、ほとんどのマスを埋めた為
4回も、トライする事ができました。
その結果、当たったのは・・・・・

D賞:ビール(中ビン)×2
C賞:サザエの刺身
A賞:さかなの刺身盛り
ハッキリいって、大当たりでした!

喜び勇んで、食堂へ移動途中に、ちょっと寄り道。
珍しく、乾燥ふのりが売っていたので、お買い上げ。
kazHatu-Mar 089-1.jpg

金目鯛の干物も、購入しました。
kazHatu-Mar 094-1.jpg

食堂に入り、早速、D賞のビール(中ビン)2本を注文。
残念ながら、運転のあるO夫と、勤務中のS.Jちゃんは、我慢。
N水さん、GUNZO-SAN、そしてOつまが、美味しそうに
ビールを、お腹の中に流し込んでいくのを
ただただ、眺めるのみ(笑)
kazHatu-Mar 102-1.jpg

ビールに付いてきた、おつまみ。
初島名物、岩のりとおかかの和え物です。
kazHatu-Mar 099-1.jpg

C賞の、美しいサザエの刺身。
rieHatu-Mar 077-1.jpg

A賞の、さかなの刺身盛りは、透明感あふれる
イカ刺しと
kazHatu-Mar 107-1.jpg

ぴちぴちのアジ刺しでした。
初島で、お刺身を頂くと、いやでも舌が肥えて
困ります(笑)
kazHatu-Mar 108-1.jpg

賞品をたいらげた後は、遅めの〆。
Oつがいが注文した、かき揚げ丼です。
イカや初島産の明日葉など、具がたっぷり。
kazHatu-Mar 110-1.jpg

かき揚げ丼には、ふのりの味噌汁がついてきました。
さっき買ったふのりを、早速うちでも、活かせそうです。
kazHatu-Mar 111-1.jpg

やはり名物のトコロテンは、お店からのサービス。
いつも、スミマセン。
kazHatu-Mar 112-1.jpg

初島は、やっぱり食事が美味しい!
ご馳走様でした。
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 22:58| ☁| Comment(2) | 東伊豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

初島3/28-2-

1本目のダイビング終了後、少し休憩してから
2本目のダイビングへ。

ミガキボラは、一生懸命産卵中。
ご覧のように、卵が入った保護カプセルを
たくさん産みつけます。
rieHatu-Mar 056-1.jpg

岩陰で休憩中、ライトを浴びて迷惑そうな
ブダイの雌。
rieHatu-Mar 057-1.jpg

一緒に潜っていた、GUNZO-SANが見つけた
アオボシミドリガイのペア。
rieHatu-Mar 059-1.jpg

ガイドのS.Jちゃんが見つけた、ベニカエルアンコウ。
kazHatu-Mar 067-1.jpg

今回は、特に珍しい生物を探すことなく
とことん、普通種のウォッチングに、こだわりました。
もちろん、理由があるのですが、それは次回の更新にて。
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 22:41| ☁| Comment(0) | 東伊豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

初島3/28-1-

3ヵ月ぶりに、東伊豆の初島で潜ってきました。
この日のメンバーは、Oつがいの他に
拠点を関西に移した、GUNZO-SAN。
Oつがいの、山の先生、N水さん。
ガイドは、S.Jちゃんという、気心の知れたメンバー。

「さぁ、エントリー」と、器材を背負いかけたところで
初島ダイビングセンターのスタッフが
「エビ網にかかった、ナヌカザメと、ギンザメが
まだ、生きているので、海に戻します!」と
エントリー口に、やって来ました。
こちらは、ナヌカザメ。
大きなフグみたいですが、れっきとしたサメです。
rieHatu-Mar 001-1.jpg

普段は、深海にいて、ダイバーが見ることはまずない
ギンザメ。
吸い込まれるような、深い水色をした瞳が、印象的。
ぜひ、水中で見てみたいものです。
kazHatu-Mar 003-1.jpg

サメたちが、海に戻ったのを見届けて、エントリー。
1本目のポイントは、定番のフタツネ。
早速見つけたのは、クロヘリアメフラシ。
アメフラシの仲間では、小型種です。
他のアメフラシ同様、刺激を与えると
紫色の汁を、出すそうです。
kazHatu-Mar 012-1.jpg

巣穴から、体を半分出して、外の様子を窺う、コケギンポ。
小指の先ほどもないのに、突付くふりをすると
強気に威嚇してくるのが、なんともカワイイです。
rieHatu-Mar 033-1.jpg

見つけると、つい撮ってしまう、カメラ初心者にも優しい
オルトマンワラエビ。
rieHatu-Mar 037-1.jpg

婚姻色の出ている、ヒメギンポ(♀)。
伊豆では、どこのポイントでも、普通に見られますが
婚姻色の出ている個体は、とても綺麗なので
つい、カメラを向けてしまいます。
実際に、肉眼でみた美しさを
なかなか表現出来ないのが、悔しい!
kazHatu-Mar 044-1.jpg

1本目、終了。
この日は風も強くて、寒かった〜。
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 00:18| ☁| Comment(0) | 東伊豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

和菓子

Oつまの職場の、和菓子好きの同僚さんより
苺大福と、みたらし団子と、胡麻団子を、いただきました。

O夫の口に、入ることはない「苺大福」
一気食べのOつまによると、ふわふわのお餅に
ジューシーな苺、甘さ控えめの餡が、絶妙の組み合わせ。
kazetc-Mar4 063-1.jpg

O夫がいただける、数少ない和菓子の1つ「みたらし団子」
これは美味しかった!
kazetc-Mar4 068-1.jpg

今回は珍しく、2品も食べてしまいました。
胡麻の風味たっぷりの「胡麻団子」
kazetc-Mar4 070-1.jpg

O夫、甘くなくて、あんこが入ってない和菓子なら
食べられるんですよね〜。
(こんなO夫に食べさせるのが惜しいほど、どれも
上質で美味しい、和菓子でしたよ。by Oつま)
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 22:52| 🌁| Comment(0) | 皆様からの、ご好意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

上州手振りうどん&揚げ玉

以前も、記事にアップしましたが
最近、Oつまの職場に異動してきた
麺好きの、新しい上司さんが
同じく麺食いのOつまに、また乾麺を下さいました。
「上州手振りうどん」です。
つるつる、しこしこの美味しさは、もちろんのこと
茹で上げ時間が短いのも、魅力。
kazetc-Mar4 061-1.jpg

さらに、上司さん行きつけの、そば屋さんが
(天ぷらの残りではなく)わざわざ作る
揚げ玉もセットで、たっぷりとつけてくれました。
kazetc-Mar4 059-1.jpg

これが、絶品!
冷蔵庫に常備してあり、麺の薬味だけでなく
煮びたしや味噌汁にも入れて、楽しんでいます。
いつも、ありがとうございます。
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 23:15| 🌁| Comment(0) | 皆様からの、ご好意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

新横浜ラーメン博物館

「新横浜ラーメン博物館」へ、久しぶりに
行ってきました。
kazetc-Mar4 004-1.jpg

お目当ては、以前カップ麺で食べたことのある
「山形 赤湯からみそラーメン龍上海」だったのですが
予想以上の人気で、なんと40分待ち。
並んで待つことが大嫌いな、Oつがい。
「龍上海」は、早々と諦め、待ち時間の一番少なかった
「東京 荻窪中華そば春木屋」に、目標変更です。
とはいえ、ここも、20分待ちでした・・・

春木屋待ちの列に並びながら、昔の町並みを再現した
館内を眺めて、時間調整。
空(天井)は、数分ごとに、昼〜夕焼け〜夜〜また昼と
変わります。
写真は、夜の状態。
kazetc-Mar4 013-1.jpg

やっと、券売機の前に到着しました。
kazetc-Mar4 024-1.jpg

チケットを買ってから、さらに店内まで列は続き
ようやく、お店の前に到着。
kazetc-Mar4 019-1.jpg

狭い店内の奥に案内され、ついに、ありつけたのが
このラーメン。
Oつがいが注文した「特撰しお大盛り」です。
kazetc-Mar4 027-1.jpg

野菜やガラ、魚介のだしベース、熱々の塩味スープに
コシのある麺が、よく絡みます。
具は、特撰の名にふさわしく、チャーシュー、メンマ
味付玉子に海苔、そしてOつまが大好きな、ワンタンと
豪華絢爛。
Oつがい好みのラーメンで、とても気に入りました。

食事の後は、少し館内を散策。
こんな怪しげな(なつかしい?)裏通りもあります。
kazetc-Mar4 034-1.jpg

1階のミュージアムを覗いたあとは、お土産コーナーへ。
今回は、お店で食べられなかったので
お土産用の「生ラーメン龍上海」を、購入しました。
お店だけでなく、こちらのお土産用ラーメンも、人気のため
ずっと欠品中で、この日、久しぶりの入荷だったそうです。
kazetc-Mar4 046-1.jpg

「中華そば一力」と、「漫画家 松本零士」のコラボ企画品。
そういえば、松本零士の漫画の中には
ラーメンを食べるシーンが、よく出てきます。
これも購入と思った、O夫でしたが
Oつまの賛同を得られず、断念。
kazetc-Mar4 047-1.jpg

そのOつまが選んだのは「笠岡 屋台ラーメン」
というのも、今回もうひとつ、気になっていたお店が
「岡山笠岡 中華そば坂本」だったからです。
kazetc-Mar4 052-1.jpg

次回は、もっと早い時間に出かけて
龍上海に、再挑戦です。
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 23:33| 🌁| Comment(0) | ぶらり、近隣グルメレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

獅子浜3/19-3-

潜り終わって、海から上がってくると
ダイビングセンターのオーナーが、ニコニコしながら、やって来て
「見たいものは、見られた?」と、Oつがいに尋ねてきました。
Oつがいが「ぜんぶダメでした〜」と、答えると
一転、怖い顔で、まっちゃんに向かい
「まっちゃん、何やってんだよ!」と、お怒りモード。
その後、Oつがいを、かわいそうに思ったのか
「ご馳走してあげるから、センターにおいで」と、優しいお言葉。
なんでも、知り合いからもらった、美味しい海産物があるそう。

まずは土鍋に、オーナーお手製、たっぷりの鰹節で作った
だし汁を入れます。
kazSisi-Mar 067-1.jpg

続いて、出てきたのが、この海藻。
kazSisi-Mar 075-1.jpg

名前は「ヒロメ」と言うそうです。
まっちゃん曰く、「アントクメ」に少し似ているけれど
別物とのこと。
後日、東伊豆のガイドさんに確認してみると
「聞いたことがない」との、返事でした。
ネットで調べてみると、南房総と紀伊半島の一部の地域で
食べられているそうですが、西伊豆でも食されていることは
ほとんど、知られていないようです。
ちなみに、紀伊半島ではヒロメを、お寿司に使うそうです。

ここ西伊豆では、しゃぶしゃぶで、いただきました。
先ほどのだし汁に、ヒロメを入れると、鮮やかな緑色に
変わります。
色が変わったら、だし汁に、しょうゆ少々を入れた
タレにつけて、いただきます。
しゃきしゃきとした歯ごたえが、たまりません。美味しい!

ヒロメの後に、出てきたのは「ナマコ」
慣れた手つきで、ナマコを捌いていく、オーナー。
Oつまは、隣に張りついて、捌く時のコツなどを
教えていただきました。
kazSisi-Mar 069-1.jpg

オーナー特製の、三杯酢に漬けたら
「いただきま〜す」
何しろ、今まで生きていたナマコです。
美味しくないわけがない!
kazSisi-Mar 073-1.jpg

さらに、まっちゃんが
「ナマコのしゃぶしゃぶも、美味しいんだよ」
(何故か、まっちゃんも、ご馳走を食べている(笑))
試しにやってみると・・・
固くなることなく、だしの香りが効いて、本当に美味しい!
kazSisi-Mar 077-1.jpg

こうして、あっという間に
「ヒロメ」と、「ナマコ」を平らげた、Oつがい。
さらに、オーナーには、お土産のナマコ(ちゃんと三杯酢に
漬けてあるもの)まで、いただいてしまいました。
見たい生物は見られませんでしたが、非常にいい気分で
獅子浜を後にしたのは、いうまでもありません(笑)
オーナー、ご馳走様でした!
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 23:07| ☁| Comment(0) | 西伊豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

獅子浜3/19-2-

Oつがいの、今までのダイビングの経験からすると
1本目を外したガイドは、汚名返上とばかりに
2本目で、いい仕事をするというのが、定番です。
(そして、1本目を外した)まっちゃんの、2本目。
狙いは、同じく
「ヒメハナダイ」「ハゴロモハゼsp」「ニシキハゼ」

エントリーし、先ほどと同じように
ヒメハナダイのいる深度まで、一気に潜行。
サクラダイは、たくさんいるんですけどね〜。
「ん、サクラダイ?」って事は
ヒメハナダイのポイントから、ずれてるってこと?!
kazSisi-Mar 039-1.jpg

こうして、やはり、ヒメハナダイには出会えず
深度を上げながら、ハゴロモハゼspのポイントへ移動。
ハゴロモハゼspは、神経質で、すぐ巣穴に引っ込むらしいので
味噌汁状態の中、そろりそろりと、探索します。
しかし、お目当ての主は見つからず
かわりに見つけた、クロアナゴ。
kazSisi-Mar 054-1.jpg

こちらは、スジコウイカかな?
rieSisi-Mar 037-1.jpg

まっちゃんが、手招きして呼ぶので
「よし、ハゴロモハゼだ!」と、思って
急いで飛んでいくと・・・
なんだ、普通種じゃん。でも、ちょっと待てよ!?
脱皮したばかりの、オルトマンワラエビです。
すぐ下に、抜け殻があるのが、分かりますか?
rieSisi-Mar 041-1.jpg

どうやら、雰囲気的に、まっちゃんは
ハゴロモハゼを、諦めている模様(笑)
O夫は、しつこく砂地の探索を続けましたが
結果は・・・
こちら、ヒフキヨウジ。
rieSisi-Mar 050-1.jpg

元気なミジンベニハゼを見つけたので、Oつまを呼び
二人で、撮影。
あとで、まっちゃんから
「ミジンベニハゼ、探してたんですよ。
 見つけてくれて、ありがとうございます」
おいおい、どっちがガイドだよ(笑)
rieSisi-Mar 060-1.jpg

最後に、ニシキハゼを探している途中で
食事中の、タコを発見。
タコの吸盤の前に、カニの残骸が見えています。
rieSisi-Mar 068-1.jpg

これにて、2ダイブ終了。
結局、お目当ての3種は、ことごとく見られずじまい。
迷ガイドのまっちゃんには、Oつがいの定説も
通用しませんでした(笑)
まぁ、こんな日もあるよ。
ねぇ、まっちゃん?!
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 19:34| ☀| Comment(0) | 西伊豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

獅子浜3/19-1-

親しくさせてもらっている、ダイビングガイドの
まっちゃんが、三保ボート2ダイブを企画したというので
この日、本当なら、まっちゃんのボートに乗り
獅子浜の港を出港し、駿河湾を横断して
三保へと潜りに行く、予定でした。
ところが、海上が強風の為、出港を断念。
代わりのポイントを決める際
「それなら、移動しなくていい、獅子浜ビーチで潜ろう」と
いうことになりました。

獅子浜を、リクエストしたのには
「移動をしなくていい」以外に、もう1つ理由があります。
よそのポイントでは、なかなか見られない魚が
通年、見られるらしいのです。
当然リクエストは、その珍しい魚、3種。
「ヒメハナダイ」「ハゴロモハゼsp」「ニシキハゼ」です。

「少なくとも、ニシキハゼは余裕ですよ!」と、まっちゃん。
彼とは、長年の付き合いです。
自信満々の時ほど、不安なんですが・・・
ちなみにO夫は、獅子浜がオープンしたばかりの
約10年くらい前に、1度潜ったことがあります。
いっぽうOつまは、初めての獅子浜なので、気合十分。

それでは、1本目のダイビング、スタート。
エントリーした途端「み、見えない・・・」
すぐ目の前にいる、ガイドのまっちゃんが
うっすらとしか、確認できません。
ダイバーがよく言う「味噌汁」状態の海です。
ライトの淡い光だけを頼りに、進みます。
kazSisi-Mar 002-1.jpg

しかし、そんな透明度にもめげず、深度を一気に下げて
ヒメハナダイがいるはずの、水深に到着しましたが
いません(というか、見えない)・・・
かわりに「ドフライニアシュリンプ」を、発見。
kazSisi-Mar 006-1.jpg

長い時間いられる水深ではないので、1本目は
ヒメハナダイを諦め、ハゴロモハゼspに、目標をチェンジ。
現地のガイドさんに教わった、ポイント付近に
行ってみたものの、ハゴロモハゼ・・・いません。

仕方がないので、ハゴロモハゼも諦め
浅場で、ニシキハゼの捜索。
しかし、いくら探しても、いません。
やはり、まっちゃんが自信満々の時は
こうなるのが、お約束か。
まっちゃんとOつまが、一生懸命に探している中
早々、ニシキハゼを諦めたO夫。
ムラサキウニの中に潜む「ムラサキゴカクガニ」を、発見。
kazSisi-Mar 029-1.jpg

結局、見たかった3種を、ひとつも見ることができず
1本目は、終了。
まっちゃん、2本目頑張ってねぇ〜。
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 22:23| 🌁| Comment(2) | 西伊豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

おはぎ

Oつまが、また、同僚さんから、頂き物です。
今回は、お彼岸にちなんで「おはぎ」そして
「いちご大福」。
kazetc-Mar3 004-1.jpg

これは、O夫の守備範囲ではないので
Oつま専用の、食べ物。
美味しかったようでした。
同僚さん、いつもありがとうございます。
(以下、Oつま追記。
同僚さんの地元では有名な、老舗の和菓子。
こしあん・つぶあんのおはぎ、いちご大福ともに
お餅がとても美味しく、和菓子屋としてのグレードの高さを
物語っています。
すぐ固くなってしまうので、急いで食べました。)
タグ:おはぎ
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 13:03| 🌁| Comment(0) | 皆様からの、ご好意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

四季の香り 特製 巨峰 & GOUTER de ROI

Oつまの同僚さんから、美味しそうなものを、頂きました。
大家族が集まって、長野へ、スキーに行ってきたそうです。

なんだか、高級そうなジャム
「四季の香り 特製 巨峰」
ジャム好きの、Oつまは、大喜び。
もう1品は、ラスク。
ご存知の方もいるでしょう、一大ブームを巻き起こした
ガトーフェスタハラダの、ガトーラスクです。
ちなみに、Oつがいは全然知りませんでした(汗)
こちらも、美味しそう。
kazetc-Mar3 001-1.jpg

同僚さん、いつもありがとうございます。
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 19:41| 🌁| Comment(0) | 皆様からの、ご好意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。