2008年10月15日

石垣島7/7-1-

いよいよ、ダイビング最終日。
この日は、めでたく300本記念を迎えた
伊豆ダイバー、マッキーさんの強い希望により
マンタ狙いです。
300本記念と、まだマンタを見た事がない
マッキーさんの初マンタ、というのが
今回の、石垣旅行の目的でした。

Yオーナー自慢の船で、マンタポイントに向けて出航です。
P7070001-1.jpg


Yオーナーの判断で、いつもより早めに出航し
他のショップが集まる前に、潜ってしまうことにした為
ポイントに到着した時には
まだ、どのショップの船もいませんでした。
マンタウォッチングの注意点を聞いた後
いよいよ、エントリー。

ちなみにこのポイント、以前は
川平石崎マンタスクランブルと、呼ばれていましたが
八重山にある、某ショップが
「川平石崎マンタスクランブル」を
商標登録してしまったので、トラブルを避けるため
Yオーナーの所では、マンタポイントと
呼んでいるそうです。

エントリーし、マンタのクリーニングステーションに
一番乗りで到着。
とりあえず、ここで、ひたすらマンタ待ちです。

・・・ふと気が付けば、あたり一面、ダイバーだらけ。
Yオーナーも、このクリーニングステーションを
諦めたようで、次のクリーニングステーションに移動。
なかなか、マンタは現れてくれません。
クリーニングステーションを、転々と移動しているときに
現れたのは、タイマイです。
グループから少し離れたOつまが見つけ、手招きをすると
遠くの海面からはるばる、近寄ってきてくれたのです。
かわいい!
P1080518-1.jpg


結局、すべてのクリーニングステーションを
まわってしまいましたが、マンタは現れませんでした。
マンタポイントを一周した後は、船の下で自由時間。
フラフラ現れたのは、ソウシハギ。
P1080529-1.jpg

目の前を、横切っていったのは
クマザサハナムロの群れ。
P1080538-1.jpg

船の下で、ロクセンスズメダイが
突然、わらわらと集まりだしました。
その後、何度も集まったり、バラバラになったりを
繰り返した後、どこかへ行ってしまいました。
この状態、ロクセン玉とでも、呼べばいいのでしょうか?
P7070037-1.jpg

マッキーさんには、残念な結果になってしまいましたが
このマンタポイント、マンタが出なくても
十分楽しいポイントだと、思います。
今度は、ここで、水路巡りでもしてみたいです。


posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 22:05| ☁| Comment(2) | 石垣島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!
私が初めてマンタを見たのも、マンタスクランブルでした。
もう12年程前になりますが…。(汗)
1本目は見られませんでしたが、2本目登場してくれました。
初マンタには、大興奮したのを思い出します。
あれ以来、マンタスクランブルでは潜ってません。
西表島のポイントで、小さめのマンタを簡単に見ることが出来たので…。
ところで、マンタスクランブルと言う名前ですが、商標登録されているとは知りませんでした!
Posted by Marine at 2008年10月16日 20:46
Marineさん、こんばんは。
「マンタスクランブル」を
商標登録したのは、つい最近のようです。
商標登録したショップは、八重山のダイビング協会の
加盟店なので、他のショップは言いたい事は
多々あるようですが、事を荒立てたくないとの事で
公には、していないようです。
何だか、世知辛いですね。
O夫

Oつがいも、初めてマンタを見たのは、同じく
マンタスクランブル。
時期は、もうちょっとだけ前になります(大汗)
さんざん見て、心にゆとりある?身としては
初マンタの友達に、ぜひ見せてあげたくなるもの。
Yオーナーも、力の限りがんばってくれたのです・・・
つづく!
Oつま
Posted by Oつがい at 2008年10月16日 23:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。