2008年11月19日

伊江島10/11-2-

1本目のダイビングが終わり、港に戻って
近くの公園で、休憩。
公園からも、伊江島のシンボル
城山(たっちゅー)が、見えます。
PA110076-1.jpg

2本目は、パッチリーフで潜りました。
真っ白い砂地に、根がポツンポツンと
点在している、ポイントです。
ユラユラゆれる、イソギンチャクの中を
出たり入ったり、していたのは
ハナビラクマノミ。
PA110081-1.jpg

別のイソギンチャクには、クマノミがいました。
P1090714-1.jpg

スカシテンジクダイの群れを、掻き分けるように
根の主、ユカタハタが見回り中。
P1090719-1.jpg

根の外縁部にいた、クレナイニセスズメ。
この固体は、かなり強気で
近寄っても、まったく逃げませんでした。
P1090749-1.jpg

ふと見ると、Oつまが何かを撮影中。
しかしコンデジで、光量が足りず
苦戦しているのを見て、自分のビデオライトの光を
被写体に向け、照らしてくれている
ガレ場王、M下さん。
朝とは大違いで、とっても優しい!
PA110137-1.jpg

根の上には、アカヒメジの群れ。
P1090786-1.jpg

癒し系のポイントで、のんびり、まったりの
撮影ダイビングでした。


posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 21:45| ☀| Comment(4) | 伊江島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何を照らしてたのかいまいち思い出せん・・・。
でかいバブルコーラルシュリンプだった気がしてきた・・・。
荒れ、その画像は???
Posted by M下 at 2008年11月20日 00:45
「あれ、」が「荒れ、」になっていたので、謹んで訂正いたします。
Posted by M下 at 2008年11月20日 01:29
M下さん、こんにちは。
バブルコーラルシュリンプなんですが
イソギンチャクも透明、エビも透明で
ダイビングをしない人には、ちょっとわかりづらい
写真だったので、掲載を控えさせていただきました。
ダイバーの友人向けの
年賀状に使用する予定です。
O夫

よかった。M下さんの気持ちを表した「荒れ」
なのかと思いました(ほっ)
しかし、よく覚えてますね。
今回、いっぱい遊んで頂いた中の
ほんの1枚ですのに。
Oつま
Posted by Oつがい at 2008年11月20日 08:45
荒れ?全然気がつきませんでした。
カタログスペックの高い、M下さんの間違いは
大変貴重なので、保存させていただきます(笑)
O夫
Posted by Oつがい at 2008年11月20日 08:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。