2009年03月23日

SAIPAN2/14-2-

1本目のダイビングが終わり、いったんお店に戻ったところで
「次は、どこに潜りましょう?インリーフのポイントは
 ほとんど潜っちゃいましたよね」と、MIYUKIちゃん。
Oつがいが、今まで潜ったポイントを、あげていくと
MIYUKIちゃん
「オレアイや、爆弾は、まだ潜ってなかったでしたっけ?」
O夫
「オレアイって、オレアイビーチクラブのオレアイ?」
MIYUKIちゃん
「そうです。あそこの沖が、ポイントになっています」
O夫
「じゃあ、2本目は、オレアイにしよう」
オレアイビーチクラブとは、以前MIYUKIちゃんと一緒に
行ったことのある、レストランの名前です。
こうして、よくわからない理由により
2本目は、オレアイで潜る事になりました。

ここは、サンゴのきれいなポイントです。
しかし、エントリーした途端
全員、いきなりガレ場探索開始(笑)
まず、Oつまが、オイランヤドカリを、発見。
この子は、地味な黒バージョンです。
本当は赤バージョンが、見たかったな。
P2140094-1.jpg

O夫が見つけたのは、小さなタスジミドリガイ。
P2140108-1.jpg

この後も、しばらくガレ場探索を
続けましたが、これといった成果はなく
サンゴのきれいな場所へと、移動。
MIYUKIちゃんの、指差す方を見ると
白い口紅を塗った、ダスキーアネモネフィッシュが
いました。
P2140110-1.jpg

エサ場からエサ場へ、ドドドド〜と
移動している、シマハギ&クロハギの群れ。
P2140129-1.jpg

卵を守っていたので、とても攻撃的だった
オレンジフィンアネモネフィッシュ。
P2140131-1.jpg

続いては、お約束のコーラルフィッシュたち。
こちらは、ミスジチョウチョウウオ。
P2140134-1.jpg

セグロチョウチョウウオ。
P2140136-1.jpg

きれいな隊列を組む、ミナミハタタテダイ。
P2140143-1.jpg

すばしっこくて、なかなか上手く撮れない、ニシキヤッコ。
P2140145-1.jpg

サンゴの上で、全身を出していた
ギンポの王様、セダカギンポ。
けっこうな大きさです。
P2140152-1.jpg

枝サンゴの天辺に、ちょこんと乗っかっていた
アカツメサンゴヤドカリ。
名前の通り?爪の大きさくらいしか、ありません。
P2140156-1.jpg

逆に、臆病で臆病で、枝サンゴの中から
出てきてくれない、ベニゴンベ。
少しでも近づくと、サンゴの中を逃げ回っては
そーっと、こちらを窺います。
撮影しづらい!
P2140176-1.jpg

初めて潜った、オレアイでしたが
すっかり、気に入ってしまいました。


posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 22:26| ☁| Comment(0) | SAIPAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。