2009年08月19日

八丈島7/6-2-

TEPCO八丈島地熱館の次に、やってきたのは
八丈植物公園。
広大な敷地を誇り、全部見てまわろうとすると
ほぼ、1日がかりになってしまうので
今回は、温室部分だけを見学しました。
ちなみに施設は、入場無料です。
kazHachi7.6 037-1.jpg

温室の中には、チューインガムノキや
kazHachi7.6 045-1.jpg

レモンなど、たくさんの植物が、育てられています。
しかし暑いです(温室なので、当たり前ですが)。
kazHachi7.6 052-1.jpg
温室を出て、八丈ビジターセンターに来ました。
ここも、八丈植物公園の、敷地内にあります。
そして、入場は無料です。
もう三度も訪れている、Oつがいのお気に入り。
kazHachi7.6 056-1.jpg

ビジターセンターでは、八丈島の自然環境や
八丈島の動植物について、展示品を使って
分かりやすく、解説しています。
野外観察会も、多く開催されているそうです。
kazHachi7.6 062-1-1.jpg

一部のマニアの間では、伝説的な動物
「八丈島のきょん」は、八丈植物公園で
見ることが、できます。
「おとこのきょん」も「おんなのきょん」も
います(笑)
kazHachi7.6 063-1.jpg

八丈島の渚を再現した、コーナー。
カメに乗って記念撮影も、できますよ。
kazHachi7.6 068-1.jpg

こちらでは、光るきのこについて、説明されています。
kazHachi7.6 072-1.jpg

そして、この暗室の中に入り、カーテンを閉めると
kazHachi7.6 073-1.jpg

グリーンぺぺ(光るきのこ)が、妖しい光を放っています。
明るいところで見ると、地味な茶色いきのこです。
少し湿気のある方が、よく光るとのことで
自然の中で観察する時は、雨上がりの夜が、いいそうです。
rieHachi7.6 026-1.jpg

こちらには、日本固有種で、国の天然記念物の
アカコッコの模型が、展示されています。
アカコッコといえば、三宅島が有名ですが
ここ八丈島でも、普通に見ることができます。
お世話になった、ダイビングショップの庭にも
毎日、遊びにきていました。
kazHachi7.6 075-1.jpg

このほかに、八丈島の自然をテーマにした
映画を観られる、コーナーもあります。
もちろん、海中の映像も、満載なのですが
エンドロールを何気なく見ていたら、撮影は
有名な水中写真家にして、Oつまの心の師匠
中村征夫さんの会社が、担当していました。

そろそろ、お腹が空いてきたので
この後は、八丈島で一番有名な、お寿司屋さんで昼食です!


posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 22:05| ☁| Comment(2) | 八丈島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
植物公園に興味津々です。
熱帯系植物には、目がありません。
楽しそう!

ビジターセンターも良さそうですね。
私の大好きな『鉄腕DASH!』のソーラーカーで八丈島に行ってましたよね。
光るきのこも紹介してましたね。
う〜ん。私好みの怪しそうな島ですね。
Posted by Marine at 2009年08月20日 17:26
Marineさん、こんにちは。
植物公園、Marineさん、気に入ると思いますよ!
ビジターセンターの、お土産コーナーは
空港で買うより、少し安い物もあるので
こちらも、お勧めです。
お世話になった、Kオーナーは
ナズマドに行く途中、トキオの2人が
黄八丈を染めている、撮影現場に出くわしたそうです。
O夫

自然が好きな人なら、間違いなくハマってしまう
島です。
独特の歴史を持つので、たとえば郷土資料館は
すごーく面白いんですよ。
最後に美味の数々で、とどめを刺されるわけです(笑)
Oつま
Posted by Oつがい at 2009年08月20日 21:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。