2009年09月06日

大菩薩嶺-5-

雷岩から、大菩薩嶺までは、本当にすぐです。
Daibosatu-July 157-1.jpg

大菩薩嶺までの道は、尾根伝いに歩いた
これまでとは違い、木立の中を、進みます。
Daibosatu-July 158-1.jpg

時折、このような、ぬかるんだ場所を通過。
Daibosatu-July 167-1.jpg

そして、大菩薩嶺に到着!
しかし眺望はなく、大菩薩嶺と書かれた
表示があるのみ。
ちなみに、標高2057m。
まわりを、木に囲まれているので
2000mを越える、高所にいる実感が、ありません。
Daibosatu-July 169-1.jpg

大菩薩嶺にて、記念撮影を済ませたら
今来た道を、逆戻り。
ここから、カラ松尾根を、下ります。
Daibosatu-July 177-1.jpg

かなり、急な下りです。
このカラ松尾根から、大菩薩嶺へ登るルートの方が
一般的なようで、たくさんの人達と、すれ違いました。
Daibosatu-July 185-1.jpg

下りながら、ずっと富士山が見えるというのが
魅力ということで、カラ松尾根を選んだのですが
この日は、ずっとガスに隠れたまま。
結局、下っている間は、一度も富士山を見ることは
できませんでした。
Daibosatu-July 191-1.jpg

上日川峠に、到着。
バスで来て、ここから、大菩薩嶺を目指す人も
多いようです。
Daibosatu-July 210-1.jpg

この後は、麓に下りて、温泉です。


posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 18:34| ☔| Comment(18) | 山登り・沢登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大菩薩嶺は確かに地味な山頂ですね。
Oつがいさんが大菩薩に行く(というか行った)
という話を聞いて、あらためて深田久弥の
『日本百名山』のページををめくってみました。
あらためて歴史的・文学的な背景を持つ場所
ということが認識できました!
もし、未読ならぜひ一度おためしあれ。また、
違った感慨を味わえると思いますよ。
Posted by N水 at 2009年09月06日 21:54
N水指導員、こんにちは。
O夫、もちろん?未読です!
何しろ、山、初心者ですから(笑)
でも、未来の、野○健を、目指す以上
いずれは、読まなければ、いけませんね。
(意味不明)
O夫

日本百名山はもちろん、介山先生のご本も
読んでいません。
先日お話したように、日本の文人・学者の方々と
山との密接なかかわりを知ったので、改めて
色々な本を、読んでみたいですね。
O夫のおかしな野望を知らなかった、Oつま
Posted by Oつがい at 2009年09月06日 22:39
O夫の野望...
Oつまさん、男は常に野望をもってるもの。
その野望にケチをつけるなんざあ野暮って
もんでさあ。
あっしも近所のクライミングジムのオーナー
と誓いやしたぜ。
CAを会員にするってねぇ。
GUNZO師匠、どうでい?
Posted by N水 at 2009年09月07日 00:02
N水さん、こんにちは。
いずれ、世界の低山を、登りまくるので
その時は、アドバイスを、お願いしますね(笑)
GUNZO-SANは、お住まいが、西の方になって
お部屋の片付けに、忙しいようです。
新しい出会いの前に、新しい居酒屋探しが
優先のようです(笑)
O夫

ええ、こうした野望は他にも、さんざん聞いているので
もう慣れっこです。
皆さん、どうぞ、いろいろ励んでください。
CAちゃんをダイバーにする約束はどうなったの?
Oつま
Posted by Oつがい at 2009年09月07日 08:31
ご無沙汰してます!ただいまです。
海も沢登りもされているのですね。
笹子トンネルまで富士山見えていたのに、山の天気は変わりやすいですね。
確かに周りが木だと標高があるという感じにならないですよね。うんうん。
マリンちゃんにご挨拶して頂きました。(嬉)
Posted by げちゅ〜 at 2009年09月08日 09:43
げちゅ〜さん、お帰りなさい。
新しいPCからですか!
早速のご訪問、ありがとうございます。
山の天気は、本当に難しいですね。
下から、ブワァ〜と、雲が湧き上がってきて
あっという間に、視界がなくなっちゃうんですよ。
でも、高いところからの景色は、気持ちいいですよね!
O夫

マリンをご愛顧頂き、ありがとうございます〜。
新しいPC、いいないいな!
大菩薩は、山の頂上より、峠の方が気持ちいいと
聞いてはいたのですが、ここまでとは。
山の素人には、いちいち面白いことばかりです。
Oつま
Posted by Oつがい at 2009年09月08日 22:18
N水指導員、こんばんは。
コメント欄をスルーしていたら名前がでていて(汗)です。

ご挨拶もすることできず、
海嵐の術を拝見する前に、
関西に引っ越してしまったことが心残りです。
・・・が、CA様が会員となれば興味津々です。
Posted by GUNZO at 2009年09月11日 00:51
GUNZO-SANこんにちは。
CA様が会員になるのは、N水さんの
「夢」のお話ですから(笑)
忙しくて、ジムに通う暇は、ないと思われます。
そんな事より、GUNZO-SAN早く自分のブログを
更新してください!
O夫

N水さんと小僧が、ペアで登場すると
ここコメント欄から、いきなりお酒のかほりが
してくるぞ。
男の野望にケチはつけませんけど、他人の
尻馬に乗ろうとせず、自分で開拓しなさい。
Oつま
Posted by Oつがい at 2009年09月11日 08:31
暫く遠ざかっていたら、
いつの間にかGUNZO-SANが西へ、、、
伊豆の海も静かになるかしらん?
Posted by かっきー at 2009年09月23日 01:13
かっきーさん、どうも、どうも。
そうなんです、GUNZO-SAN
西に、行ってしまいました。
Oつがいも「これで、海が静かになる」と
思っていたのですが
さすがは、GUNZO-SAN
その、恐るべきパワーを
新人の、N水さんに、伝承していったようです。
本当に、余計な置き土産を
してくれたものです。
O夫

で、本人はちゃっかり、海況運を上げてるんですよ。
最近のOつがいも、とばっちり受けてるような気が・・・
いつか関西に行って、小僧に土産を突っ返して
やろうと目論んでいます。
Oつま
Posted by Oつがい at 2009年09月23日 19:21
そういえばN水さんもダイバーでしたね!
最近の指導員、海の方はいかがでしょうか?
追い越されてるかも・・・?
Posted by かっきー at 2009年09月24日 00:56
かっきーさん、こんばんは。
何しろN水指導員は、海を荒らすので・・・
潜りに行こうとすると、ポイントがクローズになって、しまいます。
そのため、タンク本数は、全く増えません。
かっきーさんを、追い越すことは、ありえないと思います。
ただ、N水指導員と潜ろうとすると
かっきーさんの本数も、のびなくなります。
GUNZO-SANと違い、無差別攻撃をかけるので
厄介です。
O夫

最近は、少ーしずつ海に潜らせてもらっている
様子です。
というわけで、勝手にステップアップを企画中。
どんなに海を荒らそうと、あくまでも
前進あるのみ!です。
Oつま
Posted by Oつがい at 2009年09月24日 21:59
第2代海あらし術伝承者N水です。
実は明日ダイビングを画策するも海が荒れ模様で
中止と相成りました。
しかし、なぜここまで…
かっきーさん、こんな僕でもよければぜひ海に
お付き合い…くださいます…か?
今日もクライミングジムに行って擦り傷をつくって、
まるで鼻水たらして走り回る"がきんちょ"のようです。
風呂に入るとじーんとしみます。
Posted by N水 at 2009年10月02日 22:55
N水指導員、こんばんは。
明日も、中止ですか?!
かなりの、重症ですね。
今月末の海を荒らすと、大変な事になりますよ。
何しろ、同行の2人は
Oつがいが知っている限り、最高レベルのダイバーですから。
山でいえば、エベレスト級の2人です。
ここは、Oつがいと
真鶴にある、海の神様の神社に
お参りに、行っておきますか?!
もちろん、お参りの後は、宴会です(笑)
O夫

優しいかっきーさんには、たくさん遊んで
いただくとして。
本当に、海あらしは困るな〜。
ここまでくると、小僧を上回る邪悪なパワーだ。
海の厄除けツアー、やりますか!
Oつま
Posted by Oつがい at 2009年10月02日 23:42
N水指導員、こんばんは。

海嵐の術修得、そして継承おめでとうございます。
しかし、まだ先には海嵐の術秘伝3奥義を
同時に成し遂げる大技も残されています。
是非ともチャレンジしてください。

奥義その壱はクリアしているようですが・・・。

その奥義とは
 壱:ダイビング日→天候、海況不順
 弐:狙ったもの →ハズす(根付いた大物も空振る)
 参:帰る日(時) →晴天

しかし、私の場合はポイントを荒らしても、
隣のポイントは潜れたりして、
ポイント流しで済むことが多いのじゃが・・・。
Posted by GUNZO at 2009年10月03日 00:19
GUNZO師匠のご指導のもと、みごと「あらし」の術を
身につけることができました。
しかし、「狙うもの」など考えられないひよっこの
僕としては、まだまだ師匠の足元にも及ぶべくもありません。
せいぜい、居酒屋で狙ったつまみが「本日売り切れ
です。」っていうくらいでしょう。
今後とも、ご指導のほどよろしくお願いいたします。
Posted by N水 at 2009年10月03日 01:37
GUNZO-SANこんにちは。
N水指導員に、余計な技を
伝授するのは、やめてください(笑)
N水指導員
壱:ダイビング日→天候、海況不順に
関しては、すでにGUNZO-SANを
凌駕してますよ。
何しろ、クローズ率が9割近いんですから。
それに、 弐:狙ったもの →ハズす(根付いた大物も空振る)は
最近、Oつがいもやっています。
GUNZO-SAN、西に移動する時に
Oつがいにも、変な術をかけたでしょ?
O夫

Oつまも、上の意見に一票。おのれ小僧め。
でも、自身の海況が良くなった代わりに
小僧ブログは、どうもピリッとしなくなった
という事実も、お伝えしておこう。
Oつま
Posted by Oつがい at 2009年10月03日 14:20
N水指導員、こんにちは。
みんなが、迷惑するので
GUNZO-SAから受け継いだ業の数々は
すべて、GUNZO-SANにお返しください。
それから

居酒屋で狙ったつまみが「本日売り切れ
です。」っていうくらいでしょう。

これも、先日の飲み会で
披露していただきましたが、こちらも
とても迷惑な業なので、パンドラの箱にでも
未来永劫、封印していただけるよう
強く、希望します(笑)
O夫

小僧を師匠などと・・・
カードを取るや、変な方向に行かないように。
先輩は、選ばなくちゃダメです。
今度、とびきりの先生方を紹介するので
ぜひ、彼らについてください。
小僧につくのは、コメント欄だけで沢山です。
Oつま
Posted by Oつがい at 2009年10月03日 14:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。