2009年10月27日

トリノ・エジプト展&黄金の都シカン

東京都美術館にて、開催されていた
「トリノ・エジプト展」に、行ってきました。
今まで、イタリア国外に出たことのない
エジプト遺物約120点が、日本で初公開されます。
今回、はるばる日本にやってきたのは
すべて、トリノ・エジプト博物館の所蔵品。
トリノ・エジプト博物館には
有名な大英博物館と、カイロ博物館に次ぐ規模の
エジプト美術の所蔵品が、あるとのこと。
その、コレクションの豊かさは
「メンフィスとテーベへの道は、トリノを通過している」
とまで、表現されているそうです。
今回の目玉は、何といっても
門外不出といわれてきた、ツタンカーメン王の石像。
kazetc-Oct1 001-1.jpg

他にも、幼児のミイラや、死者の書など
興味深い考古物を、たくさん見ることができました。
本場のトリノ博物館では、いかにもイタリアらしく
彫像などを、シックなレイアウトで展示してあるそうです。
写真を見て、ぜひ行ってみたくなりました。

「トリノ・エジプト展」を、堪能した後は
そのまま、国立科学博物館へ。
ここで、開催されていたのは
「黄金の都シカン展」。
中南米の文明に興味のある、Oつがいには
見逃せない、展覧会です。
こちらの目玉は、ロロ神殿・東の墓で発見された
「シカン黄金大仮面」。
そして、このシカン・ロロ神殿の
発掘のリーダーを、つとめているのは
日本人の、大学教授なんです。
展示の合間の、各ポイントには
発掘の様子が、映像を使って流されており
分かりやすい、構成になっていました。
kazetc-Oct1 003-1.jpg

実は前回、初めて開催されたシカン展を
Oつまは観ています。
今回、さらに発掘規模が広がったことで
むしろ、謎はより深まった感がありました。
黄金でできた遺物は、いずれも素晴らしいものですが
シカンの人々の生活、風俗については、まだまだ
わからないことが、多いのです。

展示物を、すべて見終わり
大満足のうちに外に出ると、臨時の売店が。
子供たちにも、大人気です。
kazetc-Oct1 008-1.jpg

メニューには、インカコーラや、サボテンジュースの文字が。
サボテンジュースを、注文してみました。
kazetc-Oct1 005-1.jpg

早速、飲んでみると
「・・・ん?この味知ってる!」
飲んでから、思い出しました。
メキシコに行ったとき、サボテンジュースは
飲んでいたのです。
こんな事なら、インカコーラにしておけば良かったな。

「黄金の都シカン展」は、すでに終了しています。
「トリノ・エジプト展」は、東京での開催を終え
宮城県美術館(10月17日〜12月20日)
静岡県立美術館(2010年、6月12日〜8月22日)
の予定で、開催されるようです。


posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 23:16| ☔| Comment(2) | ぶらり、近隣散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ〜やっぱり〜〜〜
私も「トリノ・エジプト展」行きましたー
凄く混んでませんでした?
実は御一緒した「吉宗」の日に行ってました(^^ゞ
私も「シカン」も見たくて、梯子するつもりだったのですが、
予想外の混雑で時間がかかり、結局行けずじまいになってしまいました(T_T)/~~~
やはり前回の第1弾も行っていて、その時から行こうと思ってたのですが・・・
ああ、今年は3つの内2つしか行けてません。

トリノの門外不出のツタンカーメンと死者の書は惹かれますよね。
あ、特別チョコレートはその商魂に受けましたけど。
Posted by F at 2009年10月28日 00:40
Fさん、こんにちは。
そうでしたか。
知られざる、M下さんの生態が
明らかになった日に、上野に行ってたんですね。
東京都美術館は、混んでました。
Oつがいは、開館と同時に
到着したんですが、その時点で
入場制限があり、5分待ちでした。
Oつがいが、出てきた時は
長蛇の列で、40分待ちに、なっていました。
それに比べると、
シカンは、ゆっくり見ることができました。
O夫

トリノ展は、最終日でしたからね〜。
シカン展は、記事にも書いたとおり
確かに、展示品は増えましたが
かえって、謎も深まった感じ。
伝承される類似点、独立した特色など
近接の文明と、ならべてみなければ
素人には、わからないことも、多かったです。
それだけに、ロマンティックではありますが!
Oつま
Posted by Oつがい at 2009年10月28日 01:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。