2009年11月08日

古代カルタゴとローマ展

大丸東京店の、大丸ミュージアムで開催されていた
チュニジア世界遺産
「古代カルタゴとローマ展」
〜きらめく地中海文明の至宝〜を、見に行ってきました。
kazetc-Oct2 008-1.jpg

大丸ミュージアムは、それ程広くないので
展示内容や規模は、こじんまりとしていましたが
何しろ、ほとんどの展示品が、日本初公開。
ハンニバル将軍で有名な、カルタゴ軍の
唯一の遺物であるとされる、豪華な鎧など
地中海文明好きには、見逃せない展覧会でした。

展示は、2部に分けて構成されていました。
前半は、最新の考古学が解明しつつある、カルタゴ国の文化。
後半は「北アフリカのローマ」として、奇跡的な復興を遂げた
ローマ帝国の都市カルタゴに、花開いた文化です。
kazetc-Oct2 009-1.jpg

海洋民族フェニキア人を祖先に持つ、カルタゴ国の遺品は
美しい石棺や、緻密なアクセサリーなど
ため息が出るほど、素晴らしいものばかり。
なかでも、Oつがいの目を惹いたのが
細かな天然石を1つ1つ敷き詰めた装飾美術「モザイク」です。
特に、海皇ポセイドンが描かれた、巨大なモザイクが
Oつがいは、すっかり気に入ってしまいました。
小さなレプリカでもいいので、欲しかった。
Oつまは、ポストカードが売っていないか
お土産コーナーを、必死に探していましたが
結局、売ってはいませんでした。残念。

カルタゴ国は、ローマ帝国に、破壊しつくされ
遺物は、ほとんど残っていないと、されていますが
わずかに残された、これらの遺物を見ただけで
カルタゴ国が、どれほど素晴らしい文明を、誇っていたか
実感できます。
そのカルタゴ国を滅ぼした、ローマ帝国も
やがては滅び・・・歴史は、栄枯盛衰の繰り返しですね。
いい展覧会でした。
さっそく、カルタゴの遺物や、遺跡を見に
チュニジアへ、行きたくなってしまいました。
しかしチュニジア・・・さすがに遠いなぁ。

ちなみに「古代カルタゴとローマ展」は、10月25日で
終了しています。


posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 18:22| ☔| Comment(2) | ぶらり、近隣散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大丸ミュージアムに行くってこれを見に行ってた
わけですね〜。
カルタゴ、ローマ帝国の滅亡、まさに「諸行無常の
響きあり」。もっとも、当時日本は弥生時代、
平家物語の登場はまだまだですね。
いっそのことチュニジアにダイビングに行っちゃえばー(^。^;
Posted by N水 at 2009年11月09日 23:52
N水さん、こんにちは。
そう、これを見に
大丸ミュージアムに、行ったんですよ。
よく、世界がこの時代だったとき
日本はって、対比の年表がありますよね。
それを見ると、よくここまで追いついたものだと
思いますよ。
頑張ったなぁ〜、日本人。
O夫

その力を恐れたローマが、いかに徹底的に
カルタゴを破壊したかって、有名でしょう?
その文化に、まさか触れる機会があろうとは。
今まで知らなかった女神の名前と、シンボルマークを
覚えましたよ!
歴史に接するって、ほんとワクワクしますねぇ。
Oつま
Posted by Oつがい at 2009年11月10日 22:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。