2009年11月25日

伊東10/31

富戸での2ダイブを終えた、一行は
いったん、ダイビングショップに引き上げました。
このあとN水さんは、AOW講習で、ナイトダイビング。
Oつがいは、ファンダイバーとして
N水さんと一緒に、潜ります。
Fさんは
「伊豆の水温で、1日3本は無理」だそうで
先に、お宿へ。
M下さんは、できれば一緒に、潜りたかったようですが
NITROXの、学科講習のため、ショップに監禁。
そんな訳で、N水さんとOつがいの3名は
同行を希望した、ショップ常連のお客さんたちと共に
伊東へ移動しました。

ボートは何度か経験がある、Oつがいですが
伊東のビーチは、初めてです。
スタッフの方によると
「伊東ビーチは、荒れやすいんですよ」
嫌な言葉です。
ポイントに到着し、海の様子を眺めてみると
昼間の富戸ビーチに比べ、少し、波だっています。
オレ様パワーのM下さんが、不参加となった途端に
これです。
それでも、すぐ近所で勉強している、M下さんのおかげか
潜れないという程では、ありません。
波に足をとられないよう、気をつけながらエントリー。

最初に見つけたのは「ヒョウモンダコ」
kazHutoHokkawa 114-1.jpg

水中ライトの光を嫌がって、ピュッピュッと
墨を吐きながら逃げ回り、最後には砂の中へ。
rieHutoHokkawa 085-1.jpg

突然、スポットライトを浴びて、威嚇モードの
若い「タイワンガザミ」
青い後ろ足が、きれいです。
rieHutoHokkawa 086-1.jpg

「クルマエビ」の仲間もいました。
やはり、尻尾が青く輝いています。
kazHutoHokkawa 138-1.jpg

この子も、ライトの光は苦手らしく
光を当てると、モコモコと身をよじり
砂の中に、潜っていってしまいます。
kazHutoHokkawa 139-1.jpg

一方「イシダタミヤドカリ」は、光を当てても
全く、動じず。
kazHutoHokkawa 143-1.jpg

「ハナアナゴ」は、砂の中から顔を覗かせていました。
近寄りすぎなければ、光を当てても大丈夫。
つぶらな瞳が、かわいいです。
rieHutoHokkawa 111-1.jpg

昼間は、岩の隙間など
暗がりにいることの多い「イセエビ」が、
ガサガサと、岩の外側まで出てきていました。
rieHutoHokkawa 124-1.jpg

最後は、ナイトダイビングのお約束。
水中ライトの明かりを全て消し、水中で手を振り
夜光虫が、指の間で、青白くキラキラ光るのを楽しんでから
エキジットです。
やっぱり、ナイトダイビングって面白い!

ちなみに、負のパワーN水さん VS オレ様パワーM下さんの対決は
M下さんが潜っていないので、今回は無効試合。
ここまでの対戦成績は、M下さんの、2戦2勝です。
翌日からは、いよいよGUNZO-SANがN水さんと合体し
負の連合艦隊を結成して、M下さんに挑みます。


posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 23:16| ☔| Comment(4) | 東伊豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あー、軟弱な私がパスした伊東ナイトですね。
ハナアナゴ見た事ない。しかも可愛いっ!
この間某I島で初めて見た砂に潜ってたやつとはエライ違いだ…

ナイトの夜光虫は、私も大好き♪
そうかー、水温低くても夜光虫はいるのね(^_^;)
Posted by F at 2009年11月26日 22:04
Fさん、こんにちは。
Fさんが、軟弱なんてとんでもない。
来年は、もう少し水温の高い時に
ハナアナゴを、見に行きましょう。
もちろん、昼間でも見れますよ!
某島では、何が見れたんですか?(興味津々)
O夫

伊豆のナイトは、本当に久しぶりだったので
すんごく楽しかったです。
Fさんと一緒に、宝探ししたかったなぁ。
ハナアナゴ可愛いでしょう!?
他にも色々、見られたんですよ。
ナイトは潜るほどに、探し上手になる気がします。
Oつま
Posted by Oつがい at 2009年11月27日 00:44
ほお、こんなにたくさんの魚介類がいたのですな〜。
死んだように寝こけている魚(名前不詳)には
笑えました。
イセエビって夜行性?
Posted by N水 at 2009年11月27日 23:16
N水さん、こんにちは。
死んだように寝こけている魚?
なんだろう??
まぁ、いっぱい寝てましたね(笑)
イセエビは、夜行性ですよ。
たくさん出てきていたでしょ?!
O夫

当日、その魚を同定しようとしたけど
わかんなかったじゃん。
だって情報があまりに少ないんだもん(笑)
昼じっとして、夜に活動する子たち。
昼は泳ぎ回っているけど、夜は色を変えて
ぐーすか眠っている子たち。
生態を知ると、興趣もまた一段と増しますぞ。
Oつま
Posted by Oつがい at 2009年11月27日 23:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。