2009年12月09日

磯部温泉-1-

一昨年、N水指導員のご指導ご鞭撻のもと
妙義山登山にチャレンジした、Oつがい。
その時は、予定ルートの半分で、日没となり
残りの行程が、未踏となっておりました。

ちょうど、日程を調整していた頃に
初島で知り合った、ダイビング仲間で
ベテランクライマーの、かっきーさんが
「妙義山に登った事がない。登ってみたい」
と、話に乗ってきて
計画は、とんとん拍子にまとまりました。

集合場所は、早朝の東京駅。
まずは、新幹線で、高崎へ向かいます。
kazMyogi-Nov 002-1.jpg

節約の為、席は自由席。
扉が開いたら、すぐに席取りです。
kazMyogi-Nov 005-1.jpg

新幹線が動き出し、まずは腹ごしらえ。
O夫の朝食は「こだわりのとんかつ弁当」
N水さんと、かっきーさんは
「朝からとんかつ〜!?」と、O夫を笑います。
しかし、妙義はタフな山。
後々、O夫の選択が、正しかったと認識されることに。
kazMyogi-Nov 006-1.jpg

こちらが、中身。
お腹が空いていたので、ちょっと食べちゃいました。
ちなみに、Oつまのメニューは「カツサンド」でした。
kazMyogi-Nov 007-1.jpg

高崎までは、あっという間です。
ここで、信越線に乗り換え。
kazMyogi-Nov 011-1.jpg

横川往きが、入線。
O夫は、このカラーリングを見ると
東海道線を、思い出してしまいます。
kazMyogi-Nov 015-1.jpg

宿のある、磯部で下車。
ちなみに、磯部近郊の観光名所は、こちら。
kazMyogi-Nov 017-1.jpg

「温泉マーク発祥の地」、磯部温泉の入り口。
今は、ひなびた温泉地ですが、バブルの頃は
それはそれは、賑わったそうです。
kazMyogi-Nov 020-1.jpg

宿に到着し、登山に必要のない物を、置かせてもらいます。
ちょうど宿の前からは、雪を被った浅間山が見えました。
kazMyogi-Nov 026-1.jpg

ここからは、タクシーで
登山道の入り口がある、妙義神社へ移動です。


posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 22:24| 🌁| Comment(4) | 電車で行く旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう妙義にまで来てしまったのですね〜
しかし、湘南電車カラーの信越線の車内は寒かったですね。
磯部温泉は田山花袋さんによるとイマイチだった
ようですが、タクシーの運転手さんによると昭和
40〜50年代はなかなかのようだったようですね!
M下さんはいなくとも天気がなんとかなったのは
皆さんのおかげだと思っています(汗)
Posted by N水 at 2009年12月09日 23:59
N水さん、こんにちは。
今年のアウトドアは、本当に天気に
恵まれませんでしたね。
でも、それはN水さんのせいでは、ないかも?!
先日、Oつまと話していて、気づいたのですが
今年、天気が悪かった時には
必ず、T口さんが、いませんでしたか?!
O夫

寒かったけど、ガスることもなかったし
上々の天気だったよね。
磯部温泉は、なんたって泉質が最高!
Oつま
Posted by Oつがい at 2009年12月10日 08:52
妙義には登れなくても、また磯部温泉に行きた〜い^^
そして足元がおぼつかなくなるまで飲みた〜い!
Posted by かっきー at 2009年12月16日 01:14
かっきーさん、こんにちは。
磯部は、いいお湯ですよね〜。
来年は、残りの金洞山に行きましょう。
打ち上げはもちろん、あの居酒屋で!
O夫

Oつまが睨んでいた通り、かっきーさんが
相当イケる口だということは、ここ磯部温泉にて
証明されました(笑)
Oつま
Posted by Oつがい at 2009年12月16日 08:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。