2010年01月06日

初島12/13-2-

1本目のダイビングが終わり、休憩していると
先ほど、クリスマスツリーを、水中に搬入していた
S.Jちゃんのボスこと、オーナーを見かけました。
「2本目は、一緒に潜りましょうよ!」と、話しかけると
「私はこれから、ネコザメとヒラメを探しに行きますけど
 一緒に、行きますか?」
S.Jちゃんによると、HPの写真用だそう。
面白そうなので
「行く!行く!」

こうして、Oつがい2人に
オーナー+S.Jちゃんのガイド2人体制で
2本目のダイビング、スタートです。
イサキネに、潜りたいのですが
エントリー口が、荒れているので
フタツネ→イサキネ→フタツネ、というロングコース。

エントリーすると、オーナーは
イサキネ目指して、振り返りもせず、どんどん突進。
知る人ぞ知る、初島名物「オーナーのロケットダッシュ」です。
Oつがいも、追いかけようとしたところで
S.Jちゃんが、岩場を指差すので、覗いてみると
ムカデミノウミウシがいました。
O夫は、綺麗だと思いますが
気持ち悪いという人も、いるらしいです。
kazHatu 096-1.jpg

延々と、ひたすら中層を泳ぐこと数分、ようやく
お目当てのネコザメを、発見。
Oつまより大きい頭の、迫力ある個体ですが
とてもおとなしいサメです。
kazHatu 111-1.jpg

さすがに、この辺りまでは
ダイバーも、ほとんど来ないので
ソフトコーラルが、生き生きしていました。
kazHatu 138-1.jpg

もう1つのお目当て、ヒラメも無事に発見。
しかし、この時点で、かなりの潜水時間が経っていたので
ダイブコンピューターが、Oつがいに無言のプレッシャーを
かけてきます。
数枚だけシャッターを押して、その場を離れました。
kazHatu 145-1.jpg

帰りはずっと、浅場を移動。
イサキネ〜フタツネの浅場は、岩場が続くので
岩礁帯の魚が、目の前を横切ります。
こちらは、イシダイの若魚。
kazHatu 148-1.jpg

老成した、大きなコブダイも現れました。
rieHatu 114-1.jpg

こうして、ロングコースの2本目も、無事終了。

器材を洗った後は、遅めの昼食です。
刺身定食を頼んだら、先ほど出会った
イシダイ(左上)が、出てきました。
ちなみに、下はサザエ、右はイカです。
kazHatu 166-1.jpg

イシダイは、クセがあると、言われますが
上品なコクと、磯の風味が、とても美味しかったです。

以上、「オーナーと、S.Jちゃんに
年末のご挨拶がてら潜る、初島ツアー」でした。


posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 22:27| ☀| Comment(2) | 東伊豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Oつがいさん、こんばんは☆

そういえば、初島って私の前の会社の取引先の人がダイビングをよくやってるみたいで、初島はいいよ〜っていってたのをついこの前思い出しましたw

一番上のムカデミノウミウシ凄い色ですね・・。

お刺身美味しそうです・・。
うぅ新鮮な刺身食べたい!
Posted by ミスト at 2010年01月07日 20:00
ミストさん、こんにちは。
初島は、いいですよ〜。
熱海から、20分で島時間が
味わえるんですから。
海産物も、美味しいし。
最近、島を1周できる
周遊路もできたので、是非1度お越し下さい。
O夫

海の中で、動いているウミウシを見ると、また
違った印象かもしれませんよ。
なぜあんなに鮮烈な、美しい色をした生物が
たくさんいるんでしょう?不思議です。
新鮮なお刺身を食べるには、結局、できるだけ
海の近くへ、行くしかないんですよね〜。
Oつま
Posted by Oつがい at 2010年01月07日 22:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。