2010年01月11日

方舟(はこぶね)

Oつがいの山の先生である、N水指導員と
ダイビング仲間で、山登りの先輩、かっきーさんとの
4人で、忘年会を開催しました。
場所は、N水指導員行きつけの、北陸料理のお店。
日本酒も、豊富に取り揃えています。
kazetc-Dec2 054-1.jpg
このお店は、以前も連れてきてもらったのですが
とにかく、メニューがOつがい好み。
食べたいものばかりで、どれを選ぼうか
いつも困ってしまいます。

まず最初に注文したのは、一足早い春の香り
「芹と長芋のお浸し」
kazetc-Dec2 027-1.jpg

こちらは、O夫の大好物
「しおいり銀杏」
kazetc-Dec2 029-1.jpg

全員一致で「季節柄、これは食べよう」と決めた
「天然寒ブリのお造り」
血合いたっぷり、力強い味です。
一緒に「平目の薄造り」も、頼みました。
ワサビは、自分で擂り下ろします。
kazetc-Dec2 031-1.jpg

ここで、常連のN水指導員へ、お店からの計らいで
「大吟醸しずく斗瓶囲出品酒」を、出していただきました。
(福井県 田嶋酒造)
名前の通り、一般市場には、出ておらず
品評会に出品する為に、醸したお酒で
お店でも、一部の常連さんにのみ
少しずつ、分けていたそうです。
「もう残り少ないので、全部飲んじゃっていいですよ」と
神様(店長)の一言。
遠慮なく、いただいてしまいました。
kazetc-Dec2 032-1.jpg

いい日本酒を目の前にすると、新鮮な海産物を
肴にしたくなるもの。
さっそく、「小木するめいかの塩辛」
いかの塩辛は、地域によって、味に大きな差があり
食べ比べるのも、楽しいものです。
kazetc-Dec2 034-1.jpg

N水指導員の大好物、必ず頼む
「鯖のへしこ」
いわゆる、鯖の糠漬けですね。
kazetc-Dec2 035^1.jpg

「自家製能登牡蠣豆腐」
初めて食べましたが、絶品!
日本酒のアテに、最高です。
kazetc-Dec2 036-1.jpg

こちらも、能登の名産品を使った
「なまこポン酢」
kazetc-Dec2 037-1.jpg

これは、珍しいのでは?
「天然生鮭のスッポン煮」
鮭の頭を、とろとろになるまで、煮込んだそうです。
名前の通り、スッポンのような食感で
コラーゲンたっぷり。
Oつまと、かっきーさんには、特に嬉しい一品(笑)
kazetc-Dec2 038-1.jpg

名物「加賀野菜 金時草のお浸し」
本来は夏場の野菜で、独特のぬめりと
葉の裏の、美しい紫色が、特長です。
kazetc-Dec2 040-1.jpg

新鮮な
「天然真鱈の白子ポン酢」
kazetc-Dec2 041-1.jpg

ここで、常連N水指導員への粋な計らい、第2弾。
「天然ブリの燻製」
メニューには、ない料理です。
毎年3月に、新潟県で開催されている
「新潟酒の陣」という、有名なイベントに
提供される予定の、創作料理とのこと。
しかも、新潟県外からは、初出展だそうです。
どんなお味かは、皆さんも
「新潟酒の陣」会場にて、お試し下さい。
kazetc-Dec2 043-1.jpg

さらに、宴は続きます。Oつがいの、大好物
「ふぐの卵巣の粕漬け」
有毒なふぐの卵巣が、塩漬けした後、さらに
酒粕に漬けることによって、極上の珍味に変わります。
kazetc-Dec2 044-1.jpg

無農薬にもこだわる、お店ならではの
「魚沼産無農薬米の自家製糠漬け」
kazetc-Dec2 045-1.jpg

「能登の岩海苔入り出汁巻卵」
こちらも、Oつがい超おすすめの一品。
kazetc-Dec2 046-1.jpg

「新鮮野菜のお刺身」
黒い皮の大根など、珍しい野菜ばかり。
特製のお味噌をつけて、バリバリかじります。
kazetc-Dec2 047-1.jpg

いよいよ、ラストオーダー間近との事なので
お店ご自慢の、焼き物料理へ突入です。
「バケツ能登カキ」
本当に、どーんとバケツに入ってきます。
kazetc-Dec2 050-1.jpg

「さよりの一夜干とげんげんぼうの一夜干し」
げんげんぼうは、知る人ぞ知る、珍魚でしょう。
大きな目でわかるように、深海魚で
表面に、ぬめりがあります。
上品な味わいで、煮物にしても美味しいです。
kazetc-Dec2 051-1.jpg

気がつけば、ずいぶんと、飲み食いしました。
しかし、〆を食べられなくて、物足りない
かっきーさんとOつがいが
「もう、お腹一杯・・・」と訳の分からないこと言う
N水指導員を、強制連行し、もう1軒ハシゴしたのは
言うまでもありません。
おかげで、終電ギリギリになり
駅へ、猛ダッシュする羽目になりましたが・・・

おまけ。
この日、フランスから戻ったばかりだった
かっきーさんから、お土産をいただきました。
さすが、おフランスの香り漂う、品ばかり。
かっきーさん、ありがとうございました。
kazetc-Dec2 030-1.jpg


posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 19:27| ☀| Comment(6) | 郷土料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Oつまさん、元気になりましたか〜?
方舟、たいへん美味しく堪能しました。
でもこのブログをみて「あれ?こんなのあったっけ・・?」と、
途中から記憶が飛び飛びということに今日気付きましたわ(笑)
相当お酒がまわっていた、ということ?
もう一度お料理を味わいに行かなくちゃ♪
また企画しましょう!
Posted by かっきー at 2010年01月11日 23:59
かっきーさん、こんにちは。
え?かっきーさん、覚えてないんですか!
それはいけませんね〜。
でも、N水指導員は
かっきーさんの、十分の一位しか
覚えていない事でしょう(笑)
O夫

かっきーさん、ご心配ありがとう。
昨日は、マスクして出社でした(泣)
でもおかげさまで、だいぶ良くなりましたよ。
それにしても、この宴は楽しかったですねぇ。
新年会あらため、リベンジ会?は
必ず開催しますので、懲りずにご参加下さいね。
Oつま
Posted by Oつがい at 2010年01月12日 00:32
かっきーさんもおっしゃっているとおり記憶に
まったくない料理が点在してますねー。
二次会の中華での餃子は確かにおいしかった
記憶はありますが、ゲボゲボでした。
天然ブリの燻製は絶品でしたね。
新年初の方舟では、朝日酒造の「元旦しぼり」を
振舞い酒でいただき、さらにその日だけのサービスの
七草粥をいただきました。
Oつまさんと同じ名前の店員さんに「N水さん、七草粥、
最初に召し上がりますか?」とやさしいお言葉が。
〆にはまず食べられないので、うれしいお気づかいでした。
次回の一力会、楽しみにしてますよ〜(^.^)
Posted by N水 at 2010年01月12日 00:51
N水さん、こんにちは。
やっぱり、記憶がないんですね〜(笑)
年が明けて、早くも行ったんですか!
さすがVIP。
また、連れて行ってくださいね。
O夫

最初に召し上がりますか?だって、ははは。
さすが、よくわかってらっしゃる。
N水さんの栄養バランスを、整えるための
大切な会の延期、すみませんでした。
次回までに、完全復活を目指します!
Oつま
Posted by Oつがい at 2010年01月12日 08:47
Oつがいさん、こんばんは☆

うわぁ〜。めっちゃ美味しそうではないですか!
北陸は美味しいものたくさんありますもんね^^
冬はいけないですが、1泊で石川に今年は行きたいと思ってます。

牡蠣が食べたい・・・。
食べたい!
Posted by ミスト at 2010年01月12日 22:07
ミストさん、こんにちは。
このお店、どうですか?
ミストさんが、今度こちらに来た時に
一緒に行きたい、お店の1つです。
牡蠣、食べたいですね〜。
O夫

前にも言ったかな、Oつまの両親は金沢出身なので
こちらのお店では、懐かしい味に会えるのです。
金沢市内の観光地は、1泊で行けますが
能登半島を含めると、駆け足になりますね。
何より、頑張っても6食しか食べられないのは
ちょっと惜しいですねぇ〜(笑)
Oつま
Posted by Oつがい at 2010年01月13日 00:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。