2010年01月20日

大瀬崎12/30-2-

1本目のダイビングを、終えたあと
2009年中も、事故なく潜れたことを感謝して
大瀬神社へ、お礼参りしました。
kazOse12.30 069-1.jpg
大瀬神社にお参りをした後は、少し休憩をして
2本目のダイビングです。
目撃情報が増えている、マンボウを狙って
外海のポイント「門下」に、エントリー。

マンボウが、よく目撃されている辺りで
しばらく根待ちをしましたが、出現する気配はありません。
その上、もともと不良だった透明度が
さらに悪化してきたので、マンボウは諦め
少し、浅場へ移動。

トゲトゲトサカの周りに群れている、キンギョハナダイ。
kazOse12.30 081-1.jpg

ムチカラマツには、オオガラスハゼがいました。
rieOse12.30 098-1.jpg

Oつまが、O夫を呼ぶので
行ってみると、ダイバーに人気のウミウシ
ウデフリツノザヤウミウシ(通称ピカチュウ)が、いました。
kazOse12.30 085-1.jpg

こちらは、ニシキウミウシ。
派手で大きな、ウミウシです。
rieOse12.30 101-1.jpg

さらに浅場へと移動。
岩の上には、ムスメウシノシタがいました。
ふと気づけば、岩じゅうにぺたぺたと
沢山のムスメウシノシタが、張り付いていて
びっくり。
kazOse12.30 131-1.jpg

岩の下の、オーバーハングしている部分には
ヒメギンポのペアがいました。
顔の黒いのが、オス。
メスを口説いている、真っ最中です。
よく見ると、メスのお腹には産卵管が出ていて
卵を産み付けると、ブルブルッと身体を震わせます。
すかさず、オスがメスの背後を、素早く飛び越して
放精します。
動画で撮っておけば、よかったなぁ。
rieOse12.30 114-1.jpg

ウミシダの中を覗くと、ハクセンコマチテッポウエビが
隠れていました。
おっとりしたエビなのですが、その黒光りした容姿に
つい、某昆虫を思い出してしまうのは、Oつまだけでしょうか。
rieOse12.30 131-1.jpg

こうして、2009年最後のダイビングは無事、終了!


posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 22:55| ☀| Comment(0) | 西伊豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。