2010年01月26日

Calabash(カラバッシュ)

パラオで知り合った、ダイビング友達のAっコちゃんと
新年会をしてきました。
会場は、以前から行ってみたいと思っていた
西アフリカ(セネガル、マリ、コートディボアール)料理のお店です。
kazetc-Jan1 007-1.jpg
店内の様子。
こちらは、カウンター席。
kazetc-Jan1 051-1.jpg

私たちは、テーブル席へ。
kazetc-Jan1 009-1.jpg

まずは、ビールで乾杯!
「体に流し込む、熱帯雨林体感ビール」のうたい文句に惹かれ
何種類かあるアフリカンビールから、3人が選んだのは
Star(スター)
ナイジェリアのビールです。
kazetc-Jan1 033-1.jpg

スターは、2本注文したのですが
テーブルにきたのは、1本。
注文を間違えたのか?
気を利かせて、1本飲み終わる頃に
もう1本を、持ってきてくれるつもりなのか?
カウンターの向こうでは、別の店員さんが
ワインを、一生懸命開けています。
「さすが、常連さんが多いお店なんだなぁ」と思っていると
店員さんが、そのワインを持ってきて
「これは、レックスツアーズの田淵様からです」
何と、日頃お世話になっている
旅行会社の方からの、プレゼント!
CUVee du PRESIDENT AOG(キュヴェ・デュ・プレジダン)
アルジェリアの赤ワインです。
田淵さん、ありがとうございました!
kazetc-Jan1 034-1.jpg

さぁ、食事です。
まずはおつまみ、Akara(アカラ)マリの料理。
パンダ豆のコロッケです。
トマトソースで、いただきます。
kazetc-Jan1 036-1.jpg

テーブルには、雰囲気のあるカトラリーが用意されています。
kazetc-Jan1 037-1.jpg

しかし、せっかくアフリカ料理のお店に来たので
ここは、アフリカンスタイルで、いただきます。
店員さんに「手で食べます」と、伝えると
水の入った、カラバッシュ(ひょうたん)を
持ってきてくれます。
これで、手をゆすぎながら、料理をいただきます。
kazetc-Jan1 044-1.jpg

Aloko(アロコ)コートディボアールの料理。
甘くないバナナのフリットです。
kazetc-Jan1 038-1.jpg

Boiled Peanut(ゆでピーナツ)
西アフリカのおつまみ、塩ゆでピーナツです。
kazetc-Jan1 039-1.jpg

ここで、2本目のワインへ。
CHATEAU MORNEG AOC Grand Cru(シャトー・モルナグAOC特級)
チュニジアの赤ワイン。
kazetc-Jan1 040-1.jpg

お店のオーナーに伺った、おすすめ料理
Guinea Fowl Barbeque or frit
(ホロホロ鳥のバーベキューまたはフリット)
AっコちゃんとOつがいは、バーベキューをチョイス。
香ばしく焼かれたホロホロ鳥は、身がしまっていて
とても美味しいです。
kazetc-Jan1 042-1.jpg

Tiebou Djen(チェブ・ジェン)セネガルの料理。
魚のパエリア、セネガル仕立て。
チェブは、現地ウォロフ語で「ご飯」ジェンは「魚」
このお店の、名物料理です。
川魚の干物や、野菜と共に炊かれたご飯は
パエリアほどスパイシーではなく、とても優しい味です。
kazetc-Jan1 043-1.jpg

Egushi & Fufu(エグシ・シチュー&フーフー)
ナイジェリアの料理。
エグシという、スイカに似た野菜の種をすり潰し
干し魚の出汁で煮込んだシチュー。
エグシの香ばしさが、独特です。
フーフーは、ヤムイモの粉を練り上げたもの。
芋の香りがする、柔らかいお餅のような、食感です。
シチューにつけて、いただきます。
kazetc-Jan1 045-1.jpg

Couscous&Red&Onion Souse
(クスクス&ソース)マリの料理。
世界最小のパスタ、クスクス。
ソースを、レッドソース(トマトソース)と
オニオンソースの2種類から、選べます。
今回は、レッドソースを選択。
トマトソースのパスタを、手づかみでいただく。
これぞ地中海料理、といった感じです。
ただし、できたて熱々!
指をやけどしながら、苦労していただく、Oつがいに対し
平然と、上手に召し上がる、Aッコちゃん。
さすがです。
kazetc-Jan1 047-1.jpg

同じアフリカといっても、少し前に行った
エジプト料理とは、まったく違う料理でした。
今回は食べませんでしたが、このお店には
ワニや、ダチョウの料理もありました。
近いうちにぜひ、もう一度来店したいと、思います。


posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 23:26| ☁| Comment(8) | 日本で食べる、世界の料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クスクスってマリの料理だったの??
Posted by makoto at 2010年01月27日 00:35
makotoさん、こんにちは。
どうなんでしょう?
お店では、クスクス(マリ)と
紹介していたので。
今では、アフリカの広い地域で
食べられているんでしょうね。
O夫

確かに、クスクスは汎地中海だよね。
たぶん、シェフ(すごく若かった)が
マリ版クスクスの、作り手なんだと思う。
美味しかったよ!
Oつま
Posted by Oつがい at 2010年01月27日 08:30
Oつがいさん こんばんは。
とーってもオイシかったですね♪
遠いアフリカの熱帯雨林を堪能しつつも
どこか和食に通ずるモノを感じました。
いつもながら、Oつがいさんのタンスの引き出しの多さにはオドロキです。
次回はペルー料理で!

Aッコ
Posted by Aッコ at 2010年01月27日 18:54
Oつがいさん、こんばんは☆

今回はアフリカ料理ですか!
私、食べ物に関してはかなり保守的なところがあるんですが、Oつがいさんのメキシコ料理のおかげでいろんな料理にチャレンジしたいと思いました。

どれも美味しそうですね^^
でも愛知に美味しいお店はあるのかな・・
開拓が難しいですw

Posted by ミスト at 2010年01月27日 22:09
Aッコさん、こんにちは。
美味しかったですね〜。
確かに、和食に近いテイストですよね。
次のペルー料理、気になっている店が
2軒あるので、リサーチしておきますね!
O夫

そうそう、日本人の舌になじむ味だったよね〜。
アフリカンワインにフーフーは、Oつま前から
味わってみたかったので、大満足でした。
地元に来てくれたら、王道の居酒屋から
沖縄料理、エスニックまでお連れするわよ(笑)
Oつま
Posted by Oつがい at 2010年01月27日 22:48
ミストさん、こんばんは。
ついに、アフリカ料理まで
食べちゃいました。
ミストさん、保守的ですか?!
あの、メキシコ料理の食べっぷりを見ると
とても、信じられません(笑)
開拓は、時間がかかります。
失敗も多いですが、諦めずじっくり続けると
いいお店を、見つけた時の感動も大きいです。
O夫

「食いしん坊に国境なし」Oつがいの持論です。
限られた経験ではありますが、どこの国にもいる
食いしん坊たちが、美味そうに食べていれば
とりあえず、試してみるのです(笑)
Oつま
Posted by Oつがい at 2010年01月27日 22:49
今度はアフリカ料理ですか〜!
もう食欲は誰にも止められないようですね。
早く一力会をクリアーして次のステップに進まねば。。
Posted by かっきー at 2010年01月29日 00:46
かっきーさん、こんにちは。
アフリカ料理は、奥が深そうです。
まだ、エジプト料理と、西アフリカの料理しか
経験が、ありませんが
はまりそうです(笑)
一力も、楽しいお店ですから
期待していてくださいね。
O夫

食欲は、以前から誰にも止められないレベルです(笑)
まだまだ食べたい料理がたくさん。
かっきーさんほど多忙ではありませんが、もっと
時間があったらなぁ!って思います。
Oつま
Posted by Oつがい at 2010年01月29日 08:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。