2010年02月03日

那須1/16-3-

スキー場周辺の道路は、ご覧のように真っ白。
rieNasu-Jan 017-1.jpg

しかし、麓に下りてくると、空はすっかり晴れて
雪が、道路から無くなってしまいました。
チェーンを巻いたままの車は、ガタガタとスゴい振動です。
こうなると、一刻も早く、チェーンを外したいのですが
車を停める場所が、なかなか見つかりません。
rieNasu-Jan 021-1.jpg

仕方がなく、目的地の駐車場まで、ノロノロ運転。
到着した食堂には、立派な門がありました。
鎖樋に、屋根へ迫る高さまで、氷が上がっています。
kazNasu-Jan 086-1.jpg

お店の隣には、これまた立派な、お土産物屋が
併設されています。
kazNasu-Jan 048-1.jpg

店内にある、長〜い廊下。
kazNasu-Jan 079-1.jpg

この時のお客は、Wご夫妻と、Oつがいの4人だけ。
kazNasu-Jan 056-1.jpg

天井を見上げると、立派な梁に、スズメバチの巣。
なんと、豪華な建物でしょう。
お店の方に
「スゴイ建物ですね〜」と、話しかけると
「昔は、造り酒屋だったんです」とのことでした。
kazNasu-Jan 054-1.jpg

ご飯は、敷地内の水車で精米された、お米を使い
釜で炊かれます。
(おこげつき、お代わり自由)
kazNasu-Jan 066-1.jpg

そしてお料理は、4人とも「田舎膳」を注文。
大粒の納豆や、味噌汁の味噌は、自家製だそうです。
ほかにもナスの揚げ浸し、花豆、きのこ漬など
地元の野菜を使った、料理が並びます。
kazNasu-Jan 064-1.jpg

素朴な味で、とても美味しかったです。
ちなみに他のメニューは、田舎だんご、田舎すいとんのみ。
残りの2品を食べに、もう一度行きたいお店です。


ラベル:瑞穂蔵 田舎膳
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 22:26| 🌁| Comment(0) | 車で行く旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。