2010年03月21日

富戸2/21-2-

2本目も、ヨコバマでのダイビング。
今回は、砂地を探索です。
まずは、ウミテングを発見。
体長3センチほどですが、これでも成魚です。
砂地をぴょこぴょこと、歩きます。
rieFuto-Feb 054-1.jpg

藻の切れ端か何かに、擬態しているのでしょうか?
ガイドさんは、イイダコではないかと言っていました。
rieFuto-Feb 057-1.jpg

ヒレを広げて、Oつがいに近寄ってきた、ミノカサゴ。
ダイバーに驚いて、砂地から飛び出す魚を狙うのでしょう。
よく、すり寄ってくるのです。
rieFuto-Feb 069-1.jpg

空き瓶が住まいの、ミジンベニハゼのペア。
右の子は、上から照らされるライトを、何ごとかと
一生懸命、見ています。
kazFuto-Feb 069-1.jpg

水中に落ちていた、枯れ枝には
ハナタツが、いました。
枝に擬態していますが、明かりを嫌って
ぷいっと、あちらを向いてしまいます。
rieFuto-Feb 076-1.jpg

富戸の砂地は、面白いですね。


posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 23:02| ☀| Comment(0) | 東伊豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。