2010年03月24日

KIM THANH(キム タン)

仲良しのWご夫妻と、ベトナム料理を食べに行ってきました。
以前に一度来て、即お気に入りになった、このお店を
たまたまWご夫妻に、紹介したところ
お二人も「是非行ってみたい!」とのことで
Oつがいにとっても、嬉しい再訪となりました。
kazetc-Feb3 015-1.jpg
まずは、お酒の注文。
前回来た時に、気になっていたお酒でしたが
不定期(それも稀な)入荷で
「先日やっと4本だけ入ってきて、早くも残り3本」
と言われ
「じゃあ」と、思い切って注文。
グエン王朝時代、王様に献上していた米焼酎「バウダ」です。
kazetc-Feb3 041-1.jpg

初体験のお味でしたが、絶品!
お米の、味、香りが、プンプンしているお酒でした。

この日は、クーポンを持っていったので
この、GOI CuON (生春巻き)が、サービスになりました。
サービスと言っても、このレベルです。
kazetc-Feb3 042-1.jpg

Oつがいの、イチオシ。
OC HAP XA(貝のレモングラス風味蒸し)
紐のように見えるのは、レモングラス。
ぱっと見、グロテスクですが・・・
kazetc-Feb3 046-1.jpg

レモングラスを引っ張ると、中身が出てきます。
貝を混ぜ込んだ、すり身の蒸し物。
Wご夫妻も、気に入ってくれたようです。
kazetc-Feb3 048-1.jpg

BANH XEO(ベトナム風お好み焼き)
黄色は卵ではなく、ターメリックの色。
薄く香ばしく焼かれた皮が、たまりません。
kazetc-Feb3 047-1.jpg

CHA LuA(ベトナムハム)
細挽きの、やさしい味わい。
kazetc-Feb3 049-1.jpg

GOI Du Du(青いパパイヤサラダ)
タイのパパイヤサラダに比べて、辛味は穏やか。
kazetc-Feb3 050-1.jpg

MuC XAO CAN(イカとセロリ炒め)
ベトナム料理は、野菜たっぷりなのが魅力。
トマトの甘みが、味をまとめています。
kazetc-Feb3 051-1.jpg

本当は、まだまだ、食べられたのですが
おしゃべりに花を咲かせているうちに、ラストオーダーとなり
それぞれ、フィニッシュの1品を注文。
Wご主人は
Hu TIEu SAI GON(サイゴンフォー)
お店の自慢の一品。
あまりに美味しかったのか、Wご主人は
乾燥フォーをお土産に買い、Oつがいにまで
プレゼントしてくれました。
kazetc-Feb3 054-1.jpg

W夫人は
PHO GA(鶏肉フォー)
こちらは、給仕してくれる、ベトナム人の男の子
イチオシの品です。
kazetc-Feb3 055-1.jpg

Oつまは、前回と同じく
BuN RIEu(塩海老ビーフン)
海老と言いながら、豚肉も入っています。
辛味とトマトの甘みが、絶妙のバランス。
kazetc-Feb3 056-1.jpg

O夫も、前回と同じく
BuN BO Hue(レモングラスビーフン)
少し辛めで、レモングラスの香りが、ほんのり。
O夫、お気に入りの品。
kazetc-Feb3 057-1.jpg

Wご夫妻は、昨年ベトナムに行って
本場のベトナム料理を、堪能してきたばかり。
そのお2人の感想が「とても美味しかった!」
やはりこのお店、レベルが高いようです。


posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 23:03| ☔| Comment(4) | 日本で食べる、世界の料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりでーす。
あ、懐かしの富戸だーと思っている内に、
またまた美味しいものシリーズがっ!
私の冬眠中にDiving&美味しいものシリーズと羨ましい限り。
Posted by F at 2010年03月24日 23:51
Fさん、こんにちは。
今年は、遠出ができそうもないので
日帰りの伊豆を、増やそうと思っています。
Fさんのシーズンインは、いつですか?
自称、イケメンダイバーさんは
石垣で、萌えまくってたみたいですよ(笑)
O夫

冬眠などとおっしゃらずに、遊びましょうよ〜。
富戸やIOPはね、いつかぜひ、仲良しガイドの
Mっちゃんを紹介したいです。
(居酒屋で、ちょろっと登場しましたね)
西伊豆に移ってしまい、なかなかチャンスが
ないのですが、M下さんも満足のガイドですよ。
Oつま
Posted by Oつがい at 2010年03月25日 00:45
生春巻きお腹いっぱい食べたいです。
お鍋の最後にフォーって言うのも
美味しいものです。
あの食感たまりませんなぁ〜♪
Posted by しゅくしゅく at 2010年03月27日 08:45
しゅくしゅくさん、こんにちは〜。
ここのお店では、いつも〆を
フォーにするか、ビーフンにするか迷うんですよ。
でも、どの食事も美味しいので
〆のぶん用に、胃袋を空けておかないと
〆が、食べられないという
贅沢な悩みが、発生します(笑)
O夫

なるほど、お鍋の〆にねー。美味しそう!
しゅくしゅく先生、是非ブログでの
ご指導ご鞭撻を、お願いします。
あぁまた、このお店に行きたくなってきた(笑)
Oつま
Posted by Oつがい at 2010年03月27日 13:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。