2010年03月30日

大瀬崎2/28-2-

1本目のダイビングを終え
タンクを借りているショップに、戻ってきました。
何となく、店内がざわついている様子なので
不審に思っていると、ショップのオーナーさんが
O夫の所にやってきて
「O夫さん、チリの地震の影響で
 大津波警報が出たので、午前11時で潜水禁止になります」
それを聞いたO夫は、ちらりと時計を確認。
1本目のスタートが、とても早かったので
11時まで、まだまだ時間があります。
すかさずOつまに
「少し休んだら、2本目に行こう!」

2本目も、湾内で潜りました。
普通種ですが、よく見ると、美しい「ダテハゼ」
kazOse-Feb 035-1.jpg

砂地で、休んでいた「ウミヒゴイ」
ウミヒゴイは、体色をよく変えるのですが
この個体は、真っ赤でした。
夜バージョンなのか?興奮していたのか?
冬場のウミヒゴイは、美味だそう。
kazOse-Feb 040-1.jpg

ウミトサカのまわりを、泳ぎ回っていた「カワハギ」
kazOse-Feb 041-1.jpg

体長1cmもない、極小の「アオウミウシ」
小さすぎて、海藻を乗り越えるのも、一苦労。
kazOse-Feb 043-1.jpg

ムチカラマツには「ムチカラマツエビ」が、いました。
撮影しようとすると、光を嫌って
ムチカラマツの上を、くるくると逃げ回ります。
kazOse-Feb 051-1.jpg

ナマコを、よ〜く見ると
「ナマコマルガザミ」を、発見。
脚を体表に、がっちり食い込ませているので
痛痒そうだなぁと、いつも思ってしまいます。
kazOse-Feb 062-1.jpg

オオウミシダの根元を見ると
「オオウミシダトウマキクリムシ」を、見つけました。
本当にきれいな貝なのですが、コンデジの性能では
どうしても、きれいに撮れません(泣)
kazOse-Feb 065-1.jpg

ガンガゼの棘の根元には
「イイジマフクロウニヤドリニナ」が、いました。
これも、磁器のように真っ白で、とてもきれいなのですが
棘が邪魔して、なかなかアップで撮れません。
rieOse-Feb 075-1.jpg

時間を気にしながらの、ダイビングでしたが
充実した1本でした。
津波が到達する前に、急いで、大瀬崎を出発です。


posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 23:33| ☁| Comment(0) | 西伊豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。