2010年05月07日

獅子浜3/19-3-

潜り終わって、海から上がってくると
ダイビングセンターのオーナーが、ニコニコしながら、やって来て
「見たいものは、見られた?」と、Oつがいに尋ねてきました。
Oつがいが「ぜんぶダメでした〜」と、答えると
一転、怖い顔で、まっちゃんに向かい
「まっちゃん、何やってんだよ!」と、お怒りモード。
その後、Oつがいを、かわいそうに思ったのか
「ご馳走してあげるから、センターにおいで」と、優しいお言葉。
なんでも、知り合いからもらった、美味しい海産物があるそう。

まずは土鍋に、オーナーお手製、たっぷりの鰹節で作った
だし汁を入れます。
kazSisi-Mar 067-1.jpg

続いて、出てきたのが、この海藻。
kazSisi-Mar 075-1.jpg

名前は「ヒロメ」と言うそうです。
まっちゃん曰く、「アントクメ」に少し似ているけれど
別物とのこと。
後日、東伊豆のガイドさんに確認してみると
「聞いたことがない」との、返事でした。
ネットで調べてみると、南房総と紀伊半島の一部の地域で
食べられているそうですが、西伊豆でも食されていることは
ほとんど、知られていないようです。
ちなみに、紀伊半島ではヒロメを、お寿司に使うそうです。

ここ西伊豆では、しゃぶしゃぶで、いただきました。
先ほどのだし汁に、ヒロメを入れると、鮮やかな緑色に
変わります。
色が変わったら、だし汁に、しょうゆ少々を入れた
タレにつけて、いただきます。
しゃきしゃきとした歯ごたえが、たまりません。美味しい!

ヒロメの後に、出てきたのは「ナマコ」
慣れた手つきで、ナマコを捌いていく、オーナー。
Oつまは、隣に張りついて、捌く時のコツなどを
教えていただきました。
kazSisi-Mar 069-1.jpg

オーナー特製の、三杯酢に漬けたら
「いただきま〜す」
何しろ、今まで生きていたナマコです。
美味しくないわけがない!
kazSisi-Mar 073-1.jpg

さらに、まっちゃんが
「ナマコのしゃぶしゃぶも、美味しいんだよ」
(何故か、まっちゃんも、ご馳走を食べている(笑))
試しにやってみると・・・
固くなることなく、だしの香りが効いて、本当に美味しい!
kazSisi-Mar 077-1.jpg

こうして、あっという間に
「ヒロメ」と、「ナマコ」を平らげた、Oつがい。
さらに、オーナーには、お土産のナマコ(ちゃんと三杯酢に
漬けてあるもの)まで、いただいてしまいました。
見たい生物は見られませんでしたが、非常にいい気分で
獅子浜を後にしたのは、いうまでもありません(笑)
オーナー、ご馳走様でした!


ラベル:ヒロメ ナマコ
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 23:07| ☁| Comment(0) | 西伊豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。