2010年06月11日

獅子浜4/25-1-

西伊豆の、獅子浜で潜ってきました。
前回3/19に潜った時は、ひどく透明度が悪かったうえに
狙っていた「ヒメハナダイ」「ハゴロモハゼsp」「ニシキハゼ」
すべて、外すという、不名誉な内容。
今回は、その時のリベンジです。

エントリーし、砂地の斜面を下っていく途中
デンと、砂の上に鎮座していた、カエルアンコウ。
「イロ」でも「ベニ」でも、もちろん「クマドリ」でもない
ただの「カエルアンコウ」です。
「擬態?そんな言葉しらないよ」と、言わんばかり。
目立ちすぎ(笑)
rieShishi-Aprl 002-1.jpg

スナイソギンチャクには、ドフライニアシュリンプがいました。
写真の、中央付近です。
小さくて、すみません・・・
rieShishi-Aprl 011-1.jpg

そして、お目当ての、ヒメハナダイのエリアに到着。
意外とあっけなく、会うことが出来ました。
ところが、すぐ目の前で、小さな群れが泳いでいるのに
撮れない・・・
深度がやや深く暗いうえに、下の砂と似た、シックな体色を
しているため、ピントが合わない。
何度撮り直しても、ダメです。
残念ながら、この日のヒメハナダイは、断念せざるを得ず。

浅場に戻ると、巨大なマンリョウウミウシを、発見。
触角が出ていないので、イソギンチャクに見えます。
rieShishi-Aprl 015-1.jpg

こちらは、触角を出しているバージョン。
これなら、ウミウシに見えますね。
獅子浜では普通種のようで、たくさんいました。
rieShishi-Aprl 027-1.jpg

超浅場では、アサヒアナハゼを、あちこちで見かけました。
アナハゼは識別が難しく、もしかすると写真の個体も
アサヒアナハゼでは、ないかもしれません。
kazShishi-Aprl 029-1.jpg

1本目は、これにて終了。
念願のヒメハナダイを、やっと見ることができたのに
写真には撮れず、実に残念でした。


posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 22:51| ☔| Comment(2) | 西伊豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Oつがいさんご無沙汰してました。
こちらのブログからは海の香りがぷんぷんして
懐かしい感じがしますね。
大瀬崎とか言いすぎかもしれないけど故郷に感じるし、
プリンもおいしそうだし、ウナギみたいにみえる
金目ちゃんも懐かしいです。(って食べたことないけど^^;)

カエルアンコウは大きさどのくらいなんですか?
Posted by salaala at 2010年06月12日 20:51
salaalaさん、こんにちは!お久しぶりです!!
salaalaさん、大瀬に通ってた時期が
あったんですね!
近々、海外在住の方向きに
でっかい、富士山の写真を、UPしますから
お楽しみに!
O夫

このカエルアンコウ君はね、けっこうデカくて
私の握りこぶしくらいあったよ。
わーっと周りを取り囲んでも、全然動じない
大物っぷりだった。
salaちゃんに懐かしんでもらえるよう、色々な
話題をアップするから楽しんでね!
Oつま
Posted by Oつがい at 2010年06月13日 22:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。