2010年08月30日

川崎歴史ガイド 夢見ヶ崎と鹿島田ルート-1-

筑波山に、登りに行こうと思っていたのですが
どうも、天候が思わしくなかったので、中止に。
そこで、以前から案内板を見て、気になっていた
川崎歴史ガイド〜夢見ヶ崎と鹿島田ルート〜を、辿ってみました。
最初は「楽勝、楽勝」なんて、考えていたのですが
歩き始めてみると、これが意外と広範囲。
見学した場所も、かなりの数になった為
本日から、何回かに分けて
「川崎歴史ガイド〜夢見ヶ崎と鹿島田ルート〜」を、レポートします。
 
こちらが、ルートマップ。
kazetc-Jun4 001-1.jpg

最初は、ルートマップから、一番近い「大師堀」へ。
江戸時代に、14年の歳月をかけて建設された
県内最古の、農業用水「二ヶ領用水」の一部です。
kazetc-Jun4 003-1.jpg

現在は、こんな形で親水化され、当時の名残りを見ることができます。
kazetc-Jun4 005-1.jpg

「そういえばこの先に、何かの碑があったな?」と、思い出し、行ってみると
ドンピシャ!「町田堀」の碑でした。
このあたりで、先ほど見た「大師堀」と、この「町田堀」に
分岐していたそうです。
kazetc-Jun4 052-1.jpg

残念ながら「町田堀」は、すでに埋め立てられたようで
用水路が流れていたらしき場所は、色付けされた道で、表現されていました。
kazetc-Jun4 053-1.jpg

次回は、赤穂浪士に縁のあるお寺を、訪ねてみます。


posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 22:28| 神奈川 ☁| Comment(0) | ぶらり、近隣散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。