2010年09月28日

獅子浜7/18-3-

この日の3本目は、ナイトダイビング。
昼寝をしたり、オーナーにおやつを頂いたりしながら
のんびりと、夜を待ちます。
陽もだいぶ傾いてきたので、そろそろエントリー。
kazShishi-July 059-1.jpg
今回の、ナイトダイビングでのお目当ては、これ。
カザリイソギンチャクです。
これは、昼間の状態。ただの丸い塊に見えます。
rieShishi-Aprl 044-1.jpg

このカザリイソギンチャクを見に行く前に、ガイドさんより、2点ほど注意事項が。

1、水中ライトの光を当てると、昼間の状態に戻ってしまうので
  光を、当てないこと。
  ライトは、遠くから、ガイドさんがイソギンチャクに当ててくれるので
  その光を使って、撮影して下さい。
2、絶対に、触らないで下さい。
  猛毒ですから。 

注意事項を守りながら、触手の反対側から撮影しました。
夜になると、こんなに姿形が変わるんです。
ビヨ〜ンと伸びた触手が、いかにも危なそう。
kazShishi-July 066-1.jpg

カザリイソギンチャクを堪能して、場所を移動。

移動中、ライトの当たっているところには
必ず、光る目が・・・
そう、夜の獅子浜は、聞きしに勝る、エビ・カニ天国だったのです。
とにかく、見るところ、見るところ、ワラワラいます。
エビ・カニ好きには、パラダイスですが
嫌いな人は、卒倒してしまうかも?!
こちらは、ヒメセミエビ。
光を当てると、腰を折ってピョンピョン逃げます。
kazShishi-July 076-1.jpg

昼間は、岩の隙間から出てこない、ベニイシガニ。
kazShishi-July 084-1.jpg

エビ、カニ以外を探すと
砂の中に、頭を突っ込んで、グーグー寝ている
サクラダイ(♀)を、発見。
kazShishi-July 081-1.jpg

カワハギは、身体が流れていかないように
ガイドロープを咥えながら、就寝中。
昼間とは、違う体色になっています。
kazShishi-July 104-1.jpg

獅子浜ナイト、面白いですね〜。
はまりそうです。

Oつがいの、前半戦のダイビングは、これにて終了。
これから、約一ヵ月半の、ダイビングオフに入ります。


posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 22:23| 神奈川 ☁| Comment(2) | 西伊豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
つがいさん、こんにちは
エントリーとは海に潜ることですか?
えび、かにが好きな人には、興奮するスポットですね!
へぇ〜カワハギも寝るんですね・・・
サクラダイも・・・寝てる!
Posted by げちゅ〜 at 2010年09月29日 13:26
げちゅ〜さん、お帰りなさい。
そうです。エントリーは、海に入ることです。
ちなみに、海から出るのは、エキジット。
そのまんまですね(笑)
魚たちも、夜は寝ていて
簡単に、捕まえられそうな気がします。
O夫

カワハギって、小さい頃から、こんな風に
海藻をくわえて眠るんです。かわいいでしょ。
魚に瞼はありませんが、寝ぼけて、岩にゴツンと
ぶつかったりして、眠ってるな〜とわかります。
Oつま
Posted by Oつがい at 2010年09月29日 21:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。