2010年10月07日

みこと

奥多摩駅を出発した一行は、立川で途中下車しました。
恒例の、反省会をするためです。
「恒例の」といっても、メンバー全員は、なかなか揃わないんですが
この日は、珍しく全員出席!
会場は、Yたかリーダーが調べておいた、九州郷土料理のお店。
Mizune-Aug 071-1.jpg
続きを読む
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 22:04| 神奈川 ☀| Comment(4) | 郷土料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

稲田屋

Oつがいの、ダイビング友達で、山の先輩でもある
かっきーさんは、色んな顔を、持っています。
その中の1つが、歌手。
この日は、かっきーさんの出演する
コンサートを聴きに、都内にあるホールへ
N水さんと共に、出かけてきました。
コンサートを堪能した後は、もちろん打ち上げ!
かっきーさんは、他の出演者との打ち上げがあるので
まずは、N水さんとOつがいの、3人でスタートです。

会場は、鳥取県の老舗酒蔵が、経営しているお店。
オープンして間もない頃に、一度、たまたま訪れて
とても気に入ったお店だったのですが、その後
機会に恵まれず、今回は、久々の来店でした。
kazetc-Mar2 002-1.jpg
続きを読む
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 23:13| 🌁| Comment(4) | 郷土料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

方舟(はこぶね)

posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 19:27| ☀| Comment(6) | 郷土料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

AZABU草ふえ

Oつがいの、山の先生である、N水指導員が
ダイバーになってから、約1年。
現在のOWから、もう少しステップアップしてもらう為に
AOWの講習を、受ける事になりました。
講習の際、水中ノートと、水中ライトが必要になるので
新宿で待ち合わせをし、一緒に、お買い物。
そして、この3人が出会えば、当然
「一杯やっていきますか?!」と、なって
N水指導員行きつけの、焼酎バーへ。
kazetc-Oct1 029-1.jpg
続きを読む
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 22:31| ☔| Comment(8) | 郷土料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

八丈丸

Oつがいの、山の先生であるN水指導員を誘って
行きつけの酒屋で、日本酒の冷やおろし試飲会に
参加してきました。
試飲といっても、30種類以上の日本酒を
(飲まずに)利き、最後の1本がどの品種か
当てるという、楽しいものです。

会の終了後
「どこかで食事でも?」と、話をしていたら
今は神戸在住の、たまたま仕事で東京に来ていた
もう1人の山の先生、Yたかさんが
「俺もまぜてくれ〜い」と、メールをしてきました。
何だいきなり!と、無視しようとしたのですが
「どこでも行くからさぁ」と、泣きついてきたので
かわいそうになって、まぜてあげる事にしました(笑)
場所は、以前から気になっていた
八丈島料理の店「八丈丸」。
kazetc-Sep2 020-1.jpg

続きを読む
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 23:30| ☁| Comment(8) | 郷土料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

吉宗

伊江島で知り合い、それ以来親しくさせていただいている
Fさん、M下さんと、親睦会をしてきました。
会場は、長崎料理の「吉宗」。
写真を見てもらえれば、お分かりかと思いますが
「よし」の字が、違います。
何故か、OつがいのPCでは、店名の「よし」を
変換することができず、やむなく、違う字で
店名を、表記させていただきました。
kazetc-Sep2 001-1.jpg
続きを読む
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 23:22| ☁| Comment(6) | 郷土料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

ぬちぐすい

駒形どぜうで、すっかり満足して店を出ると
Yたかさんの
「次、いくぞー!」の、声が。
そして彼は、新仲見世の中を、どんどん進んでいきます。
kaz6.21 046-1.jpg

続きを読む
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 22:27| ☁| Comment(4) | 郷土料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

駒形どぜう

単身赴任を終え、愛する家族が待つ神戸に、帰っていった
Oつがいの山の先生、Yたかさん。
そのYたかさんから、突然Oつがいの携帯に
メールが、入りました。
何事かと見れば
「明日の夕刻。浅草は、雷門の前に集合!」
集合がかかれば、駆けつけるのが、山の掟?
早速、待ち合わせ場所の、雷門へ。
kaz6.21 029-1.jpg
続きを読む
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 19:31| ☁| Comment(4) | 郷土料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

猪苗代〜いわき2/28-5-

猪苗代を出発したのが、遅かったので
いわきに到着した時は、すでに真っ暗。
お腹も空きました。
とりあえず、ホテルにチェックインし
すぐに、いわきの町へ、繰り出しました。
ホテルに置いてあった、クーポン券の使える
郷土料理の店を見つけたので、夕食はここに決定。
kaz-ski2.28 314-1.jpg

早速クーポンで、ビールを注文。
しかし、小さいグラスだったので
あっという間に、空になってしまいました。
すぐに、中ジョッキと、大ジョッキを注文。
並べてみると、こんな感じです。
kaz-ski2.28 329-1.jpg

お通しは、もつ煮。
内容は、その日によって変わるそうです。
kaz-ski2.28 326-1.jpg

いわきといえば、やはりあんこう。
というわけで、あんこう鍋を注文。
これを食べずには、帰れません。
水揚げがあって、よかった!
kaz-ski2.28 331-1.jpg

いわき産、水タコ刺身。
この日は、とことん、地元産の食材にこだわって
注文しました。
kaz-ski2.28 334-1.jpg

北寄貝刺身。
もちろん、地物です。
味が濃くて、めちゃくちゃ新鮮でした。
kaz-ski2.28 335-1.jpg

会津産サクラ刺。南蛮みそが、添えられています。
kaz-ski2.28 341-1.jpg

ヤナギガレイ焼。繊細な味わいが、何ともいえません。
Oつまは、カレイの中で、これが一番好きです。
kaz-ski2.28 343-1.jpg

あんこう鍋が、いい感じに、なってきました。
つゆにも、あん肝が溶かしてあります。
地元ではこれを、どぶ汁と呼ぶそうです。
さぁ、食べるぞ〜!
kaz-ski2.28 338-1.jpg

名物、ウニ貝焼。
炙ることによって、さらに風味が強くなるんですね。
貝の大きさによって、値段が変わるそうです。
kaz-ski2.28 345-1.jpg

あんこう鍋の残り汁で、雑炊を作ってもらいました。
卵も入って、うまみたっぷり。
美味しくないわけが、ありません!
kaz-ski2.28 350-1.jpg

自家製のお新香と共に、〆。
kaz-ski2.28 352-1.jpg

いや〜、美味しかった。
満足、満足。
やはり、あんこうは、日本が誇る美味ですね!
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 22:59| 🌁| Comment(4) | 郷土料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月31日

方舟(はこぶね)

12月21日
Oつがいには、山の先生が、4人います。
その山の先生とOつがいが、一同に会したことは
今までなかったのですが、この日、初めて勢ぞろい。
しかも、山ではなく、都心で・・・
メンバーは、Yたかさん(すでにダイバー)
N水指導員(最近ダイバーになった)
ヨセミテを登ったことのある、N村さん
(近年中、ダイバーになる予定)
Yたかさんの、山岳部時代の部長である
スージー部長(今年中に、ダイバーになる予定)
そして、Oつがいです。

宴会場所は、N水指導員の、行きつけのお店。
こちらのお店は、北陸にこだわっています。
お酒は、すべて北陸にある酒蔵のもの。
お料理も、北陸産の食材を使っています。
kaz 003---1.jpg

各テーブルには、囲炉裏があります。
このお店のいち押しは、焼き物。
各テーブルごとに、新鮮な魚介を
焼けるように、なっています。
kaz 005---1.jpg


ふだんN水指導員と、このお店に来るときは
アラカルトで、注文するのですが
この日は、初めてコース料理を、お願いしました。
まず先付けは、たらの白子ポン酢あえ。
kaz 008---1.jpg

続いて、富山のほたるいかの沖漬けと
白山堅豆腐のいくら添え。
kaz 009---1.jpg

たたきにした、能登鶏のサラダ仕立て。
kaz 010---1.jpg

ここで、いよいよ、囲炉裏に火が入ります。
kaz 013---1.jpg

まず最初に運ばれてきたのは、新潟産の岩魚。
囲炉裏の脇に立てて、じっくり焼きます。
kaz 016---1.jpg

天然カワハギの、お造り。
肝に、甘エビまで添えてあります。
kaz 017---1.jpg

こちらは、万寿貝。
北陸産の、大きな二枚貝です。
kaz 018---1.jpg

岩魚が、なかなか焼きあがらなかったので
万寿貝と一緒に、網の上で焼いてしまいました。
kaz 019---1.jpg

こだま貝(新潟産平あさり)と金沢春菊の酒蒸し。
kaz 021---1.jpg

能登牡蠣の朴葉土手焼き。
お酒とおしゃべりに、夢中になって、
牡蠣に火が通り過ぎないように、注意。
kaz 022---1.jpg

はたはたの一夜干しと、越後もち豚と、旬の野菜の盛り合わせ。
Oつがいの大好物、はたはたの一夜干し。
このお店では他にも、珍しい北陸産の干物を
頂くことができます。
kaz 024---1.jpg

最後は、能登鶏の野菜味噌雑炊で〆。
kaz 027---1.jpg

珍しい日本酒も、たくさん頂きました。
山のお話を傾聴したり、逆に海へのお誘いをしたり。
いや〜、実に楽しい、会合でした。
皆さん、今年も海に山に、よろしくお願いします!
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 21:34| ☔| Comment(8) | 郷土料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

酉鳥(toi toi)

11月1日
仲良しのWご夫妻と、ご飯を食べました。
Oつがいは、二人だけでは、外食をしません。
その代わり誰かに誘われると、ホイホイついていって
しまいます。
今回、Wご夫妻が予約してくれたのは
九州郷土料理、溶岩石焼のお店。
kaz 001-1-1.jpg


これがお店ご自慢、石焼用の溶岩石。
遠赤外線効果と、脂を適度に落としてくれる効果で
素材が、おいしく焼けるというわけです。
中央の丸い溶岩石は、元々は白いんだそうです。
kaz 003-1-1.jpg

石が、温まるまでの間に
続々と、料理が運ばれてきます。
こちらは、ホタテバター。
kaz 022-1-1.jpg

石が、温まってきたのを見計らって
ホタテを、焼き始めます。
ジュ〜という音とともに、いい香りがし始めます。
kaz 023-1-1.jpg

石をこそげて、きれいにしてから
次の食材を載せていきます。
続いては、鶏肉のたたき。
kaz 032-1-1.jpg

しゃもじで、適度な大きさに分けて
kaz 035-1-1.jpg

石の上へ。
kaz 037-1-1.jpg

博多発、明太子ししゃも。
kaz 039-1.jpg

美味しいのですが、ボロボロ崩れてしまうのが、難点。
香ばしく焦げた明太子も、残さず頂きます。
kaz 040-1-1.jpg

〆は、かしわ(鶏)雑炊。
これで2人前。
kaz 041-1-1.jpg

小さな器、4つに取り分けて
「いただきまーす。」
鶏のお出汁がたっぷり、とても美味しかったです。
kaz 046-1-1.jpg

気の合う友人と、ワイワイやりながらの食事は
やっぱり楽しいですね!
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 13:30| ☀| Comment(2) | 郷土料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

きりたんぽ

9月15日
ダイビング仲間の、M下さんと
来年の、南大東島旅行の打ち合わせをしました。
タイ料理店にしようかと、考えていたのですが
M下さん、タイ料理は苦手(笑)とのこと。
それならばと、和風にしてみました。
Oつがいが選んだのは、秋田料理のお店です。
kaz 028-1-1.jpg
続きを読む
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 22:38| ☁| Comment(16) | 郷土料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

糸満

9月13日
山の先生である、YたかさんとN水指導員が
トレーニングの為、インドアのクライミングをするとの
情報を、聞きつけ
「それなら、クライミング後に食事でも」ということで
鶴見まで、出かけてきました。
お店は、両先生が見つけてきた、沖縄料理店です。
川崎に負けず、鶴見にも沖縄料理店が
たくさんあるんです。
kaz 005-1.jpg
続きを読む
posted by Oつがい(O夫、Oつま) at 22:30| ☁| Comment(10) | 郷土料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。